スカイラインV35/CV35型の相場は下げ止まり?

【前半】 スカイラインV35/CV35型の買い取り相場は下げ止まり?

日産・スカイラインV35/CV35買取スカイラインは人気の割には買取相場が実際に市場に行くと半額以下でがっかりしますが海外にも日本車は愛好家が多いのでそれも期待したりして・・・。

さておき、1こ前のスカイライン(V35/CV35型)っていうと、インフィニティブランドで海外展開を開始したモデルですな。

ってゆうか、ぶっちゃけインフィニティの日本モデルってのが正解ですかね。
なんか、あれだよね、ちょっと覆面に多くね?

高速でバックミラーに映ったりするとドキドキしちゃーう(念の為に言っときますけど安全運転ですよ私は)。

インフィニティの件もそうだけど、スカイライン伝統の直6からV6にしたとか、先代まで使用された型式のアルファベットをR32とかからVにしたとか、V35/CV35型は近年スカイラインの転換点といえるクルマですよね。(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 スカイラインV35/CV35型の相場は下げ止まり?


そのためか国内の(コアな)スカイラインファンからは「V35/CV35型はスカイラインなんかじゃない」なんて批評も多かったんだそうです。

ま、そんな一部の雑音はどこ吹く風で、結構な人気モデルとなったんですけど。

ただ、ケンメリから続いてきたスカイライン伝統の丸テールまでやめちゃったという暴挙だけは「それだけは勘弁してくれ」という往年のスカイラインファンの(涙)声が強かったのか、マイナーチェンジで結局復活しましたよね。

えー、すいません適当なこと言いました(◎テールの復活が嬉しかったのはホントです)。

実際、V35/CV35型もスカイラインとして見なければ(そもそもそこに文句が出たんだけど)、カッコイイクルマだよねこれセダンもクーペも。うん人気が出たのもうなずける。

さて、この先代スカイライン(V35/CV35型)を少しでも高く売却したいと思ったら、ちょいと売り方を工夫する必要があるように思われます。

なぜか?..現行モデルが発売になったときに、先代スカイライン(V35/CV35型)の中古車価格の相場(=買取価格の相場ってことです)はガクッと急降下しました。

...が、一定の期間が過ぎたことで、なんか今って下げ止まり状態っぽい感じなんですよね。

あえて言うなら、白、黒、シルバーのボディカラーは、査定にやや色が付く(人気色だけに)ってくらいでしょうか。白黒シルバーか..これがまた覆面に多いんだもう(しつこいスか?^^;)

そんな訳で今後、V35/CV35型の買取価格が上がるなんてことはまぁないでしょうけど、ま、普通に考えれば、(車体の程度や走行距離はまた別問題として)これからは年式に応じて緩やかに下っていくんだろうと思われます。

しかし、モデルチェンジスパンの長いスカイラインとはいえ現行モデルももう6年経ってますから、数年後には次のモデルに切り替わるはずですよね。

そしたら、V35/CV35型も、もう一回「ガクッ」がきますよ。
むしろその前の今って、売り時ともいえるんじゃないでしょうか。

で、さっき書いた売り方の工夫ってのが、一括査定サービスというシステムを利用するってこと。買取専門店には、セダン専門とかスポーツクーペ専門とか意外にさまざまなお店があるって知ってました?

だから、ミドルサイズセダンのように特化した方向性のないクルマ、特にちょっと古いってだけで決して人気がないわけじゃないV35/CV35型スカイラインのようなクルマには、いろんなタイプのお店から割と安定した需要があるんです。

言ってみりゃ買取専門店のみを相手にしたオークションのようなシステムの一括査定サービスに申し込めば、いろんなタイプのお店から入札があると思っていいと思いますよ。

入札式ですから競って値が吊り上るのは必至ってもんですよ。