スカイラインクーペCV36型の値下がり率は

【前半】 スカイラインクーペの買取 ※CV36型の値下がり率は3年落ちで6割?

日産・スカイラインクーペCV36買取スカイラインクーペCV36は買取に出そうと思ってもよくGT-Rと比べられるというので、相場は厳しいなんて噂を聞きますな。

さておき、へぇ..スカイラインクーペ(CV36型)の売却をご検討でございますか...

ひょ、ひょっとして?いよいよGT-Rに乗り換えっすか?
うっわーすげぇ。じゃ、なるべく高く売らないとねー。
なんて、勝手なこといってますが(笑)

さて現行のスカイラインクーペ(CV36型)ですけど、セダンから遅れることおよそ1年、正に「満を持して」の言葉の通りにジャジャーンと登場しましたね。

とはいえもう5年も前の話でしたか...ふーん、CV36型も、もうそんな経ったかね。(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 スカイラインクーペCV36型の値下がり率は

じゃ、そろそろGT-Rに乗り換えようって人がでて...き..て...しつこいですか?

さておき(置くのか)、実際そろそろスカイラインクーペの売却を考えだした人もいることでしょう。なら、なるべく高く売りたいですよね。

まずはちょっとこのクルマのおさらいでもして、どんなスカイラインクーペが売却に有利なのか?とか考えてみましょう。

えーと...うん大丈夫、どれもみんな高く売れるって。人気あるもん。
はい検証終わり。

...いやいや、真面目に^^;

スカイラインクーペ(CV36型)のイメージカラーは..へぇ、メタリックレッドだったんスね。ってゆうかスカイラインのクーペはシルバー押しでいってほしかったなー、ハコスカ世代としては。

ところが新車時の人気色ランキングは、スーパーブラック、クリスタルホワイトパール、シャイニングブルーの順だそうで。ってゆうか、カタログモデルの車体色って大概売れないよね^^;

ただし、売却時に評価の高いカラーはテッパンの黒と白、人気3位のブルーでも買取業界での評価はそれほど高くはないようです。

さて、GT-Rとまでは言いませんが完全に趣味のクルマって言えるこういうタイプのクルマは、一般的に値下がり率が大きいともいわれています。

ま、そのなかではスカイラインクーペ(CV36型)のリセールバリューはいい方らしいですけど、それでも3年落ちで6割から半分くらいにはなっちゃう(んだそうだ)。

そこで、売却の手段として一括査定サービスを利用するのはいい手かも知れません。

この手のクルマを専門に扱う中古車屋はびっくりするほど多いんですよね、ほら、街でスカイラインクーペだけじゃなくてZとかソアラとかばっかりを展示してる店って良く見ませんか?

一括査定に申し込むと、たくさんの業者に一斉にそのクルマのデータが流されるので、必ずそういう専門店のレーダーに引っかかります

国産のラグジュアリークーペって、ただでさえ数(車種)が少ないから、そういう業者はいつも目を光らせて探しているはずなんですよ。

さて、冒頭でGT-Rに乗り換えなんて冗談を書きま..あ、本気の人はごめんなさい。えー、スカイラインクーペを下取りに出して..ってのは、大概損しますよ(断言)。

ま、下取りを考えてもいいかなって人は「先月スカイラインクーペが納車になったけど、やっぱりGT-Rが良かったなー」って人くらいです。

上のほうにも書きましたけど、スカイラインクーペの値下がり率は3年落ちで良くて6割です。そこから走行距離や車体の程度を減算していくのが基本的な下取りの査定方式ですので、さらに買取価格が下がっちゃうんですね。

だったら、高く売れるクルマを高く買ってくれるお店のほうが...って、言わずもがなですよね。

それに一括査定なら、複数の業者がこぞって入札するんで、どうしたって売り値も吊り上がる傾向にありますしね。