新型ロードスターが噂で相場が崩れる

【前半】 マツダ・ロードスター買取news(新型の噂で相場が崩れる)

マツダ・ロードスター買取マツダのロードスターは趣味的思考が強いので買取価格をは業者によっても評価がわかれやすいです。こういう車種は一括査定向きといえそうです。

マツダ・ロードスターが(筆者的に)もっとも評価できるところって、1989年発売の初代モデルから2005年発売の現行モデル(3代目)まで、コンセプトがブレてないところだよな。

まぁ、こういうヤツがクルマとしての方向性をぶらしてるようじゃ・・・
こんなに息長く残ってるわけもないんだけど(モデルチェンジの度にコンセプトが違うのとかもありますけどね^^;)。

でも、デザインのコンセプトは、最初のからずっとキープっぽく思わせといてよ~く見ると3世代とも全く違うんだけどね。
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 新型ロードスターが噂で相場が崩れる


私は2代目のロードスターが、なんてゆうかちょっと悩ましげなプロポーションが好きだったな。

えー、筆者の好みなんてどうでもいいですか?...ですよね。

さて、現行モデルの3代目マツダ・ロードスターは、2代目からキープした全体的な印象と初代のノッペリさを足して2で割らなかったような感じのデザイン。これはこれでなかなかいい感じ。

とにかく、ここまで方向性が一直線のクルマだと、年式が古かろうがなんだろうが、それぞれの世代に対してどこかで需要があったりします(初代ロードスターなんかもう20年車だってのにね)。

なので、よっぽど程度が悪かったりとか事故歴があったりとかじゃない限りは売れない(査定で金額がつかない)ってことはないようですよ。

それぞれの代で、限定販売車や特別仕様車がそりゃもうたくさん出てまして、えっと、すいません把握できませぬ^^;

...が、当然どれもその代も標準モデルのロードスターと比べれば評価は高いと思われます。

えー、ちょっと言い訳。

ウィキペディアのマツダ・ロードスターのページでは「限定販売車や特別仕様車」を大きな別の項目にしてるくらい多いので(他のクルマではみたことない)、私がとりわけロードスターに対して無知というわけではな...えー、すみませぬ。

一般的にはモデルチェンジがあると前モデルの中古車相場(=買取価格の目安になります)は一度ガクッと落ちて、その後は年式・程度に応じてなだらかに下降していきます(なんか当たり前のこと書いてますが)。

新型車が大ハズレやらかしちゃったりしない限りは。

ロードスターの場合はどうやらちょっと違ってて、ガクッの後に一定のラインでずっと安定するんですよね。でまた次のモデルチェンジで先々代モデルになっちゃってもガクッときて安定。

思い切り趣味的志向の強いクルマなので、それぞれのモデルに対して固執的な需要があるってことなんでしょうねきっと。

ところで、カー雑誌なんかをみてますと、次期(4代目になるわけですね)ロードスターのモデルチェンジの時期がイマイチ読めないんだそうだ。

今が2012年2月ですから、このクルマのモデルチェンジサイクルからすると本来なら来年(か再来年)くらい。

ところが、1~2年先にしてはどうも自動車業界への情報のリークが多すぎるよな、とか、マツダ的に早くスカイアクティブ化したいだろうしな、とかで、ひょっとしたら今年衝撃的に!ってゆう情報も根強いんだそうです。

もしそうなら、ガクッ..があるその前に売っちゃいたいですよね?

ウワサでは、次期モデルは1.5Lで車重が1t未満だそう。うっはーまさにライトウェイトスポーツ!!

いやいや、それよりも税制上の維持費がかなり安いってほうが重要か。維持費がかからないってのは、こういったあからさまな趣味のクルマを所有するにはなによりですもんね。

しかも、そんな超軽量スポーツ...マニアいっぱいいそーう。
やばい、ゼッタイ売れるって次のヤツ。

新型がヒットしたらカタ落ちの相場がガタ落ち(駄洒落かよ)..セオリーですよこれ。次のガクッがくる前に売らないと。

え?下取りにだして次期・新型ロードスターに乗り換え?
ダメダメダメ、下取りなんかロクに付かないっすよ。ダメ!

だってあなたのロードスター、部屋に飾ってたってんならともかく気持ちよーく乗っちゃってたんでしょ?

足回り変えちゃってない?
社外のアルミとか掃いちゃってない?
抜けがいいマフラーに変えちゃってない?

それディーラーの下取り査定ではみーんな減点ポイントですよ。

そうそう純正パーツはちゃんと取ってありますか?
それも減点ポイントですよ。

ところが、一部の買取業者には、そういう改造車を買いたいって人向けにクルマを売ることを生業にしている専門店なんてのが結構あります。

つまり、お店の方向性によっては減点どころか加点ポイントになるってことです。

一括査定サービスを上手いこと利用すれば、そういう類の専門店ばかりに査定を競合させることだってできます。

ということは、20年も経っちゃってる初代ロードスターですら価格が吊り上がる可能性もあるかもよ。