アテンザは未だ初代モデルが主流

【前半】 アテンザ買取news(MC直前、アテンザスポーツ相場ダウン秒読み...

マツダ・アテンザ買取newsマツダ・アテンザのはスポーツカータイプでないものもあるので、アテンザ専門店に言っても多分、相場は期待できないみたいです。

でも、一括査定ならガリバー等の大手買取専門店がこぞって見て査定してくれます。落札形式なので、自分で気に入ったところで手を打ってもいいかな・・・。

さて、マツダ・アテンザ...てぇと先代はカペラだってことにはなってます。

けど、カテゴリー的にはもうひとつ上のクラスの「ミドルサイズスポーツセダン"だけじゃない"」ってことになるんじゃないでしょうかね。

"だけじゃない"...ってそんな訳わかんないカテゴリーはないけどな。
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 アテンザは未だ初代モデルが主流


具体的なライバル車といえば、4ドアセダンとステーションワゴン(アテンザではスポーツワゴンって呼んでます)があるってゆう"だけじゃない"の部分も含めて、ホンダ・アコードやスバル・レガシィといったところになりますね。

トヨタ、日産にはズバリこれってゆうライバル車はないですけど、ちょっと上のマークXやスカイラインあたりも視野に入れてますよって感じでしょうか。

ライバル車と比べて大きく違う特徴として、アテンザには3つ目のボディタイプがあるってのが挙げられますね。

見た目はセダンに見せかけて実は5ドアハッチの「アテンザスポーツ」ってのがそれで、アテンザ全体でもこの「アテンザスポーツ」の人気が一番あるみたいですね。

あ、でも、セダンだけに設定のある6速MTの超スポーツモデル「スピードアテンザ」の人気もかなり高いみたい。

マツダってどんな車種にもこの手のホットモデルをちゃんと設定してるところに好感がもてますよね。

2012年現在、現行モデル(2代目)は発売からまだ4年しか経ってないですけど、来年あたりに内容的にはモデルチェンジに近いって程のビッグマイナーを控えてるってのが大方の予想みたい。

ま、今のこの時期にマツダがビッグマイナーするっていうんですから、当然スカイアクティブ化ってことなんでしょうな。

後はあれだ、フロントバンパーの変更でアテンザもマツダ顔(笑ってるみたいなヤツ)になるんでしょうかね。

さて、中古車市場を見てみますと流通の主流は今のところ初代モデルに集中しているようではありますけど、徐々に2代目に移行しつつあるかな?ってところ。

人気が高い(=買取需要も多いであろう)のは順を追って言っていくと、初代アテンザならスポーツワゴン・または後期型から設定されたスピードアテンザ

2代目になると、圧倒的にアテンザスポーツ(5ドアハッチ)の人気が高いみたい。

特に2代目の2.5Lエンジンは初代モデルと違ってレギュラーガソリン仕様(初代の2.3Lはハイオク仕様でした)であることから買取市場人気が高く、それなりに高額の査定が期待できそうです。ま、高年式でもありますからね。

あとね、マツダ車全般の面白い特徴っていってもいいのかな?
新車販売時の人気色が定番の白系/黒系に集中しないでけっこう分散してるんですよね。

それでも、中古車市場ではやっぱり定番の白/黒の人気が高いですから、売却を検討中のアテンザが白や黒ならば買取時の査定評価はちょっと有利だと言えそうです。

トヨタ、日産に直接的なライバル車がないせいか、マツダ車にありがちなネームバリュー的な不利もそんなにないみたい(ワゴンはともかくセダンならレガシィもドッコイだってこと)。

ただし、スピードアテンザやスポーツのMT車みたいに明確な方向性があるグレードや仕様ならばともかく、下位グレードのアテンザ(特にセダン)は言ってみりゃ何の特長もないただの大衆車ですから正直なところ査定に高評価がつきそうな特別なポイントがないんですよね。

要するに年式、装備、走行距離に相応した査定額しかつかないってこと。

だから、そんなアテンザの買取を希望するのなら、高評価のポイントを探すよりも高評価をしてくれそうな業者に売ることを考えたほうがよさそうです。

だって、スピードアテンザみたいなスポーツカーばかりを主に扱ってる業者に、普通のアテンザの査定を申し入れたって、そんな類の店では大衆車は必要としていないわけですから当然査定も渋くなりますよね。

やっぱり一般大衆車をメインに扱ってる店や、全国に店舗が多い大手のガリバーみたいな買取店のほうが査定額は高くなりそうじゃないですか。

いっぺんに複数の買取業者に査定依頼ができる一括査定サービスには、様々なタイプの買取業者が参加していますので、普通のアテンザ(のような車種)こそを必要としている業者も多数あるはずです。

特にズバットの一括査定サービスならば、ガリバーさんを初め全国ネットでテレビCM流してるような大手買取業者が多く参加していますので、期待以上の高額査定をゲットできるかもしれませんよ。