V60の買取価格?傾向もなにも今のところはまだ...

【前半】 ボルボV60買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

えー、ちょちょちょ..ちょっと待って。

ボルボの V60 ったらアンタ、アレでしょ? ちょいと前に出たばっかのスポーチーでクーピー(※)なステーションワゴンじゃないの。

(※)念の為に言っておきますけど「クーペ然としたデザイン」ってことが言いたかっただけでこんな言葉はありません。

いやいや、それはともかく、もう買取価格の心配っすか?

そんなのアンタ、中古車市場にだってロクに出回ってな...あら?割と出回ってますな。

...^^;

そうすか、もう売りたいなんて人が結構いるってことっすね。【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 V60の買取価格?傾向もなにも今のところはまだ...


じゃ、そんなボルボ V60 の買取業界の傾向なんぞをちょいと探ってみましょうかえ。

って言ってもね、日本の市場に導入されたのが2011年で、今(この記事を書いてるの)がつい何日か前に2013年になったばっかなんだから..あ、明けましておめ...いや、そんなことはどうでもいいけど、まだね、そりゃ心配には及びませんってば。

ってなわけで、さくさく行きますよー。

さて、ぶっちゃけますと、筆者の V60 に対しての知識としては「なにこれカーッチョイー!」くらいしかありませぬ。

...^^; だから調べましたってば、ちゃんと。

えーと? 日本に導入されたのは? うほー..思い切ったグレード設定だな。

FFで1.6L直噴ターボ+2ペダル6速MTのドライブeってゆうベーシックなグレードと、3.0Lターボの T6 AWD SE 、その上位グレードになる T6 AWD Rデザイン...あ、T6系は逆に4WDしかないんだ...の3グレードのみ。

へぇ、全車エコカー対象車なんだねって言っても売っちゃう側にはあまり関係な...なくないか。

エコカー対象車は中古車市場でもやっぱり人気が高いんですな。

ってなりゃ、とうぜん買取の需要も多いってことになりますからね、買取価格的には追い風情報っすな、こりゃ。

ま、本来ならば、さらに税金も安いし燃費も良いってんで中古車として売れ(り)易い1.6Lのドライブeが買取査定の評価も高いんじゃない?みたいな傾向になりそうなとこなんだけどね、そこはホレ..何て言ってもさっきも書いた通り、どのグレードであれ新車に毛が生えたような状態なんでしょ?あなたの V60 てば。

つまり、今のところまだ新し過ぎて、傾向もなにもアンタ買ったとき高かったやつは買取価格もそりゃ高い...なんてゆう何とも当たり前の状況だってこと。

ま、このページに辿りついたのが5年後、7年後ってんなら(もう一回言いますけど、この記事を書いてるのは2013年の正月です)、ちょっと気にしなきゃいけないよってゆうネタでした...ってことで、はい。

じゃ、今 V60 を売るんだったら、もう何にも考えずに目に付いた自動車買取店で売っちまえばいいってことか?..てぇと、そんなわけはないですよね。

このページの存続理由が無くなっちまいますから、それじゃ。

...^^; あからさまやな。

ってなわけで、ここからが本題です(いや、これまでだって...あはは)。

ってゆうかね、こういった V60 みたいに買取相場の傾向がハッキリしちゃってるようなクルマを売りたい時こそ、やり方次第で「もう一声!」なんてのをゲットできるんですぜ。

つまり、ドライブeならドライブeの中で相場帯の上限価格を、T6系ならその中で...ってことですね。

ま、さすがにグレード格差を飛び越えて..なんて方法は今はありませんけど(※)

(※)しつこいようですけど、5年後、7年後ならひょっとして以下略。

その代表的な作戦として、複数の自動車買取専門店に査定を依頼する..てのがまずありますよね。

つまり、出てきた複数の査定額の中から一番高いのを摘まめ..ってわけで、これはよく「相見積もりを取る」なんて言う、ま、割とメジャーな戦法ですな。

だけどね、査定をする業者がボルボ・V60 の買取に消極的だったりしたらどうしましょ?

ちょっと極端に例えるけど、軽自動車なんかを専門的に取り扱ってるような買取業者なんかじゃ V60 の査定額とかやっぱ低そうじゃない。

そんなところと、輸入車の買取に力を入れてるような業者の査定額に差が出るのは、まぁ考えるまでもなく当たり前だし、それをして「うは!やった!差額分高く売れた!」なんつって喜んでたらさ、実は V60 の買取価格としては安いほうだったーなんちゃったりなんかして。

...泣くよね、マジ。

そこで、特定のカテゴリー車に特化して買取を強化してるような専門業者がワンサカ参加してる、ズバットの一括査定サービスなんかに頼っちゃおうってわけだ。

そんで、輸入車専門だとかステーションワゴン専門だとかってゆうところばかりから相見積りを取れば、高いレベルの中のさらに上限寄りの買取価格をゲットできるってわけ。

一括査定サービスのシステムなら、一度の登録で複数の自動車買取業者に一斉に査定を依頼できるから手間も掛からないしね。