V40は古い割に中古需要が多いから良かった。

【前半】 ボルボV40買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

ボルボ・V40...うん、まぁ..ちょっと前のモデルではありますな。

ってなわけで、勿論それなりの覚悟ってもんはしてると思うんで...してるよね?

あ、買取価格のお話しですよ。

実はこの原稿を書いてるのって2013年の松の内気分も覚めやらぬ...うそです、いい加減覚めろって時期です...1月上旬だったりするんですけどね、V40 って最終年式車ですら2004年式ですから、もうすでに10年車なんて声が聴こえてきそうなモデルなんですよね。

ド初期の年式のなんかクラッシックカーですよもう(言い過ぎ)。

...^^;

ってなわけで、勿論それな...しつこいですか?【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 V40は古い割に中古需要が多いから良かった。


まぁね、そうはいってもV40は、そのセダン版のS40と共にボルボのエントリーモデルとして(当時は)非常に売れたモデルですからして、中古車市場をちょいと覗いてみましても、まぁ~あるある。

中古車市場に出回ってるってことは、当然それだけ買取の需要もあるってことですから、まーったく期待が持てないなんてことはないようですぜ。

むしろ、こんな年式のクルマにしてはV40 は割と高額で流通してるほうだと言ってもいいんじゃないかな?

へへへ...ちょっと期待が出てきた?

さて...となると、気なってくるのが、どんなグレードだと高く買取って貰えるのかな?とか、逆にコイツァちょいと厳しいのかな?なんてなところですよね。

で、いきなりぶっちゃけちまいますけど...

程度(走行距離とか内/外装のヘタレ具合とか)の問題を無視して言えば、年式もグレードも、なーんも影響しないみたいっすよ。

ま、これは V40 だからどうこうって話しじゃないんですけどね。

要は、これくらい古い年式のクルマの買取査定って、もう程度の良し悪しありきなんですよね。

ちょっと装備が良いとか、新車のときは幾ら高かった..なんてなことよりも、キレイ!だとか、乗ってない!なんてほうが査定の評価が高いってこと。

いけね、さっき無視しちゃった^^;

強いて挙げれば2001年以降の後期型のほうが、買取相場帯がやや高いって感じでしょうかね。
っていっても「やや」ですけど。

もちろん、全部ひっくるめて同じくらいの程度だってんなら、高年式、上位グレードのほうが買取査定評価は高いんでしょうけども。

っていっても「やや」ですけど。

さて、じゃ美車でも距離短でもないオレのフツ~の V40 は適当な自動車買取業者に持ち込んで言い値で売っちゃうしかないのか?..ってぇと、ダメダメダメ。

そんなことしちゃダメ、絶対。

だからこそ、買取相場帯の上の方の価格で売却することを考えなきゃ勿体ないですってば。

V40 は売り方次第で何とかなるんだから...幾らかは。

まず絶対にやってほしいのが、相見積りを取るって戦法。

だってさ、何軒にも査定させればさ、一番高い買取査定額をだした業者と一番安かったそれとの差額分は高く売れたってことになるじゃん。

ほら、もう幾らか何とかなった。

えーと、作戦はまだあるよ。

自動車買取業者の中には、V40 だからこそ高い査定をしまっせって業者があったりします。

だったらそうゆうところに売らなきゃね。

例えば軽自動車を専門に買取ってるような業者と、輸入車ばかりを専門的に扱ってるような業者と比べたら、そりゃ輸入車専門店のほうが査定額は高そうじゃないですか(ちょっと極端な例だったけどな)。

もっと言えば、輸入車専門の中でも、赤くて平べったくて馬が跳ねてるようなヤツが専門のところもあれば、葉巻咥えたおっさんが後ろで踏ん反り返ってるようなのばかりの業者もあるわけ。

V40 はどっちでもないよね。

そこらへんを上手に絞って、さらに絞ったその中で相見積りを取ることが出来れば...

ね?...へへへ、もっと上がっちゃうぜ? 買取価格。

そこで、沢山数ある自動車買取業者の中から、ココとココとココと..なんつって業者を選んで、一斉に査定を依頼することが出来る一括査定サービスってのを利用するのが、まぁ近道ってやつなんですな。

これなら相見積りを取るのに走りまわる手間も省けるしね。

ズバットの一括査定サービスには、さっき書いた専門店タイプの業者が多く参加してるし、ひょっとしたら査定評価が高い(かもしれない)大型買取店も多く参加してるので、そこら辺も上手く散りばめながら業者を選べば、自ずと査定額が吊り上がっちゃうなんてことになるんじゃないかな。

あ、そうそう、ステーションワゴンの買取に特化してるなんてゆう V40的に狙い目な専門店なんてのもあるから、依頼する業者はよーく吟味しなきゃダメですぜ。