S60がどうとかの前に、このカテゴリーがねぇ...

【前半】 ボルボS60買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

ボルボS60ってぇと、あのかっちょいいミドルサイズセダンですね。

いや、買取価格もなにも去年(2011年)出たばっかりじゃござんせんかい?

...なんてゆう必要のないボケはすぐ撤回いたしまする^^;

えー、いま買取を希望してるってからには、2001年から2009年まで販売(日本市場で)されてた初代 S60 のことですよね。

判ってますってば。

中古車市場での流通分布をみると、2005年のマイナーチェンジより前の年式(つまり前期型ってことですな)を中心に割と数が出回ってるようですな。

さてさて、じゃあ具体的に買取相場はどうなってるのかな...?
【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 S60がどうとかの前に、このカテゴリーがねぇ...


えーと、まずはフォロー。

初代 S60 もかっちょいい!

...^^; はい話しを戻します。

えー、まずは市場で流通の中心になってる前期型についての買取業界での相場の傾向から。

日本の市場に導入されるボルボさんのクルマってのは、搭載エンジン毎に1グレードってパターンが多いんですけど(特別限定車は別として)、S60 のグレード設定も類に漏れずその通り。

まずは2.3Lターボの T-5 、2.4L・NAの 2.4 、2.4Lターボの 2.4T の3グレードが導入されてますね。

後に2.4Lターボ車に4WDが新設されたりだとか、デチューン版の2.4L・NAを積んだベースグレードってのが加わったりだとか、2.4Lターボが2.5Lターボになったりだとか、忘れたころにスポーティな限定車が出てみたりだとか...と、まぁ彼にもいろいろありまして(身の上話か)、2005年のマイナーチェンジを迎えた、と。

ちょ、何か説明が雑じゃね?...とか思った?

いや、ね、ぶっちゃけますと、前期型の初代 S60 では買取の査定にグレード差ってのはあんまり影響しないようなんですよね..ってゆうか、あんまりじゃなくて"ほぼ"。

まぁ、アレだ。

これはね、初代S60 だからってゆう理由じゃなくて、このくらいの年式(あからさまな言い方をすると"ちょっと古い"ってこと)のクルマの買取査定の傾向って、みんなそんな感じなんですよね。

要は、グレードがどうしたのってゆうよりは、車体の程度の良し悪し(走行距離とか外観/内装の状態とか)が大きく影響するってこと。

で、でもさ、一番安かったベースグレードと一番高かったT-5スポーツとかなら流石に差も出るんだろう?

とか思うでしょ?

残念ながらそうでもないんだよねぇ(勿論ちょっとはありますけど)。

...。

あら?なんで黙っちゃ...あ、T-5スポーツなんスか?買取を希望してるのって。

...^^;


こ、こ、こ、後期型に話しを逃がしましょ...あ、いや、移しましょうか。

後期型では、やっぱり年式が新しいことからか、若干ながらグレード差ってのも買取査定に影響するようです。

若干...^^;

...雲行きがあやしくなってきた。

やー、もうぶっちゃけちゃいましょう。

あのね、中型セダンってゆうカテゴリーがね、残念ながらそもそも中古車として人気の薄いカテゴリーなんですよ。

せめてもの救いはボルボ車が割と人気のある「外車」だってことくらい。

だからね、ここはひとつ売り方を考えることで、少しでも買取価格を上げましょ..って方向に作戦をシフトしませんか?

一括査定サービスっていって、複数の自動車買取業者に一斉に査定を依頼できるサービスがあります。

つまり、いくつもの業者に依頼して回る手間が、一回登録するだけで済んじゃうわけ。

査定する業者の数が多ければ、それだけの数の査定額が出るわけですから(相見積りってことですね)、その中で一番高い査定額を提示した業者に買取をしてもらえばいいってことですな。

しかも、この一括査定サービスを経由してきた依頼だってことで、業者さんはライバル社があることを最初から知った上で査定するわけ。

商売ですから簡単に余所に取られるわけにゃあいかんでしょ?

特に、輸入車の買取を専門にしてるような業者なら「専門」って謳ってる意地ってもんがありますからね、そりゃ査定にちょっと色をつけたりなんかもしちゃう...かも。

はい、ここです。

自動車買取業者の中には、こういった特定のカテゴリーに特化して買取に力を入れてるタイプの業者があるんですな。

ズバットの一括査定サービスになら、この手の専門店型の業者が数多く参加してますから、S60 の買取査定が得意そうな輸入車専門店ばかりを選んで査定を依頼できるってわけ。

査定のライバル社が、みーんな輸入車専門店ってことになりゃあ、さらに査定合戦が熾烈になるって寸法ですわ。

T-5スポーツとか S60R なんかなら、例えばスポーツサルーンに強そうな業者を探してみるってのも手かもしれませんね。