ボルボS40は、後期型の2.0L車がいい感じ

【前半】 ボルボS40買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

キャッチコピーは、スウェディッシュ・ダイナミック・サルーン。

あ、ボルボの小型セダン S40 のことなんですけどね...ってゆうか、おそらくそれに乗ってるって人が買取価格の相場とか傾向とかを知りたくて見てるのがこのページだ...よね?

いや、スウェディッシュなんて言葉を初めて知ったぞ..ってのは兎も角、ダイナミックってのは小型セダンにはちょっとどうなんだ..とか思っただけー。

...^^; ま、いいけど。

そんな(どんなだ?)S40 は、車種名(ライン名)がそれまでの3ケタ数字から近年のアルファベット+2ケタ数字になった一番最初のモデルとして1997年に登場した普通のセダンですな。【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 ボルボS40は、後期型の2.0L車がいい感じ


さて、今回このページで買取相場やらを探ってまいろうぞ..ってのは、2004年に日本の市場に導入された2代目S40がメインでござる。

えーと、年式的に考えてそれでいいよね?

えー、もうすでに2012年も暮れようとしておりますが(って時期に書いてます)、あれ?2004年からってこたぁそろそろモデルチェンジが近いんじゃなかろうか?ってぇ懸念が...現行モデルのうちと旧型になっちまってからじゃ買取価格に影響しますから割と重大な事案だったりしますぜ...あるわけですけども、これちょっと微妙。

ってのは、今年の夏ごろに発表された新型のV40 に統合されて S40 は廃盤なんじゃないか?ってぇウワサもあれば、そのまま継続して販売されるってぇ可能性もあるんだよね。

ま、あまり気にしないでもいいのかな(って、たいして有益な情報じゃなかったな)。

日本に導入されたグレードは、2.4Lのチューン違いで2グレード( 2.0 と2.0i )と、2.5Lターボが1グレード( T-5 )、ってゆう搭載エンジンの違いで3種類。

T-5 には4WDもありましたので、都合4グレードって設定になるのか。

2007年のマイナーチェンジでは、2.4Lのロアグレードのほうが2.4アクティブってゆう価格を抑えてエントリーグレードってのを明確に謳ったグレードになったりだとか、T-5 が4WDだけになっちゃったりとかしたようですね。

さて、ここまでがいわゆる前期型ってことになるんですけど、買取価格の傾向は如何なもんでやんしょ?

えー、どれどれ?...うん、さすがに年式が年式だけあって、グレードの上/下位なんてのは買取価格にはさほど影響しないみたいだな。

つまり、何よりもやっぱ程度の良し悪しが決め手ってことのようですわ。

さて、じゃあマイチェン後の後期型ではどうでしょうか。

ってぇと、これもう顕著^^;

2009年に追加された2.0Lの各グレード(や、それがベースの特別限定車)の買取査定の評価が飛びぬけていいんですよね。

ダウンサイジング&デュアルクラッチ式ATによるランニングコストの低減、税制面のメリット、高年式..と、転売するのに都合のいい条件が揃いまくりなんですから、そりゃ買取業者だって良い査定をしますって。

その他のグレードでは、どのグレードでも買取価格に大した差が出ていない(らしい)ことを見ても、2.0L車の評価が抜けてるのが判ろうってもんですわ。

さて...と、ボルボS40 の買取相場の傾向が何となくだけど判ってきましたね。

じゃ、高く売れそうな後期型の2.0L車はともかくとして、そうじゃない S40 を少しでも高く買取ってもらうなんてぇ方法はないもんでしょうか?

いや、2.0L車を売りたいって人だって出来れば少しでも...とか思うよね。

それがね旦那、実はあるんですぜ良いのが。

うっしっし...いや、企み事じゃないんだから^^;

一括査定サービスってのは、複数の自動車買取業者の中からココとココと..なんて幾つか選んで一斉に査定の依頼をすることができるんですよ。

つまり、一回申し込んじゃえば自動的に相見積りをとることが出来るって寸法。

んで、一番高い査定額を出してきた業者に売っちまえばいいんだから簡単だよね。

さらに、このサービスに参加してる業者の中には、特に輸入車の買取に力を入れてるような、いわゆる専門店なんてのがあるの。

ズバットの一括査定サービスなんかにはこの専門店ってタイプの業者が多く参加してるから、S40 の査定に強そうな専門店同士で査定バトルをさせることが出来ちゃうってわけ。

査定業者は、ハナっから相見積りなのが判ってて査定しますからね、まさにバトルですよ。

もしも、買取を希望してる S40 が初代モデルだってゆう...よく乗ったね...場合なんかは、さらにこのサービスを利用する利点があるよね。

ただ、その場合は、例えば有名なガリバーみたいに、中古車販売業ってゆう裏稼業(違う ^^;)を持ってる大型店を査定バトルに加えてみるのもいいかもよ?

販売のほうの拠点が全国規模ってことは、買取の規模もでかいってことですからね。

あ、これは2代目でもやってみる価値はあるか。

ズバットの一括査定サービスには、実はそうゆう大手の買取業者も多く参加してるんですぜ。