4代目レジェンドは相場の下落が早い

【前半】 4代目レジェンド買取news(相場の下落は早い。モデルチェンジ後に一気に...

ホンダ・4代目レジェンド買取news4代目レジェンドでホンダはどうもモデルチェンジをそろそろという声が聞かれるようです。。。

今の内が買取に出すのがいいかも・・大型高級スポーツセダンともなると相場とか高いんだろうな~。

さて、今回は、4代目レジェンドの買取について考えてみましょう!

いきなり私ごとですけど、実は筆者は1989年にホンダ系の某ディーラーに整備士として就職しまして、およそ6年ほど勤めた経験があります。

そんな筆者にとって初めて経験した新車発表ってのが、ホンダ初の大型サルーン・2代目レジェンドでした。

まだ新人に毛が生えた程度の初々しい2年目のことだったなー。(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 4代目レジェンドは相場の下落が早い


入社当時すでに高級車として初代レジェンドはあったんですけどね、幅はほんのちょっとはみ出た程度でバンパーだけを長く伸ばしたってだけのほぼ5ナンバーボディでしたからね(その頃の3ナンバー高級車ってトヨタのクラウンも日産のセド/グロもそうでしたよね)。

そういった意味では2代目レジェンドが初めて触る(整備する)大型高級車でしたっけ。
さて、その後、間に3代目をはさんで、現行の4代目レジェンドにモデルチェンジしたのが04年。今や駆動方式は4WDだけという、大型高級スポーツセダンという味付けのクルマになっていますね。

レジェンドって、代を重ねる度にモデルチェンジサイクルが長くなってるっていう特徴があるんですけど、現行型の4代目ももう8年経つんですよね。

いくらなんでも、そろそろあるんじゃない?

なーんて思ったら、モデルチェンジ予想ってのが大きく二分化されてウワサされてるんですね。

ひとつは、来年(2013年)1月ってヤツ。

もうひとつは、同じく来年1月だけど、アキュラブランドに統一されちゃう(つまり国内仕様のレジェンドは今の4代目で生産終了)ってヤツ。

私の個人的な予想としては、おそらく後者なんじゃないか?と。

インスパイアが現行モデルから大型化した(ボディサイズも排気量もすでにレジェンドと同じですよね)のは、やっぱり日産・フーガやトヨタ・クラウン対策でしょうからね。

としてみればレジェンドの立ち位置としては、日本から海外(アキュラブランドとして)へメイン市場を移すってことなんじゃないのかな?(シーマやセルシオと同様の流れですよね)。

それが2013年(に何かがある)という前提ならば、2010年にマイナーチェンジがあったこともサイクル的にはうなづけますもんね。

だとすると、ひょっとしたら国内では最終モデルになるかもしれないこの4代目レジェンド...。

レジェンドの買取を考えた場合はどうなんでしょ?
高く売れるのかな?どうなのかな?

2013年に何らかはありそうですので、そうなれば現行の4代目レジェンドの買取相場は傾向として下がっちゃうと思われます。

つまり、そうなる前の今が売却時期としては絶好であるってことは間違いなさそうですね。

中古車市場を見てみますと、現在出回ってるのはほとんどがその4代目レジェンドのようです。その前までのモデルはすでに市場ではあまり見かけなくなってきてるようですね。
なかでも割かし高額で売買されてるのは、08年のビッグマイナー後のモデル(後期型ってヤツ)です。

特に人気色の白パールや黒は査定の評価にも期待できそうですね。
ま、年式も新しめなんだから当たり前なんですけどね。

前期型くらいの年式になると、残念ながらライバル車(クラウンやフーガ)と比べて値落ち率がやや大きいようですな(残念ながらネームバリューの差なんでしょうね)。

人気のある白パールや黒ならやや有利かな?って感じ。

もちろん大型セダンってゆう時点でそもそも値落ち率の大きいカテゴリーですから、この辺はある程度の覚悟は必要。

ならば、そのなかで少しでも高額査定を狙うという方向に作戦をシフトしたほうがいいでしょう。

それには一括査定サービスを上手に利用して査定額を吊り上げるって方法が一番の近道なんじゃないでしょうかね?

一括査定サービスには、高級セダンを専門的に取り扱っている、いわゆる「ラグジュアリーカー専門店」なんて呼ばれている業者も多く参加しています。

当然4代目レジェンドの査定依頼があれば、こぞって参加してくることになりますわな。
世間には人と同じは嫌だ(この場合はクラウンやフーガは周りに多いから嫌)という天邪鬼な人はいっぱいいますし、そうゆう人って割と「ホンダ」を選びがちなので(偏見?)、レジェンドにおいても需要は必ずあるはずです(むしろタマ数が少ないので人気は高いかもよ)。

業者のなかにだって「ウチはホンダ推し」っていう天邪鬼(^^;)な店もあるでしょうから、査定額が吊り上がる可能性はとても高いと思いますよ。