2代目CR-Vはもう高く売れないのか?

【前半】 2代目CR-V売却news(フルマーク有利だが相場ダウンは時間の問題)

ホンダ・CR-V買取さすがにCR-Vの買取は厳しいのもあります。でも、海外市場へ目を向けるとまだまだ・・・なんて気もするんですが・・・。

さておき、ぶっちゃけて言うとCR-Vって2代目からググッと良くなった感があるんですよね(もちろん私の個人的な感想ですよ)。

いや、初代CR-Vがダメだったってゆうんじゃなくて。

あ、誤解のないように言っときますけど、筆者は昔ホンダのディーラーで整備士をしておりまして・・・(丁度初代CR-Vが発売された頃です)。

退社した以降もホンダにしか乗ってない程のかなりのホンダ党ですからね。
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 2代目CR-Vはもう高く売れないのか?



でもね、初代CR-Vは名前からしても(註)シビックの派生モデルみたいな感じだし(私なんかシビックシャトルがモデルチェンジしたのかと思ってたもん)、ちょっとSUV試してみっか?的なところもあったんじゃないのか?..な~んて思っちゃうんですよね。

(註:CR-Xがそうですよね)

とはいえ販売成績でいうと実はCR-Vは初代のほうが圧倒的に売れたんですよ(ま、目新しさってのもあったんだろうけど)。

そして、ホンダはこの初代CR-VでシティユースSUVっていうはっきりとした方向性を見つけましたよね。ウチには本格クロカンは無理だ...と^^;

さて、じゃ2代目CR-Vですが、基本的には初代のキープコンセプトながら更にシティユースを意識した洗練されたクルマになってるんですよね。

国内ではあんまり売れなかったとかいわれてるけど、それは初代に比べてのことで、けして人気がなかったわけじゃないんですよ。

その証拠に今じゃ2世代前のモデルだってのに未だに街でよく見かけるもんな。カテゴリー別でいえば他のライバル車と比べてもむしろ売れたほうなんじゃないでしょうか。

ってゆうか海外では非常に人気が高くて、全世界的にみると売れまくったと言ってもいいくらいなんだってさ。

さて、そうはいっても2世代、3世代前のクルマですから、初代・2代目CR-Vの売却はぶっちゃけきびしい状況かと思われます。

人気は2代目CR-Vよりもあったとはいえさすがに初代はもう古い(最終年式でも12年落ちだもんな)ですし、2代目にしても最初のほうのなら年式的なハンディは一緒。

ただ、車種としては未だに中古車市場での人気はありますから、比較的年式の新しい2代目CR-V後期型で程度もそれなりに良いとかならばある程度は期待もできるでしょうかね。

特に後期型はエンジンが2.0Lから2.4Lに変更されていて人気も高いそうですし。

クロカン車らしくスペアタイヤを背中に背負った「パフォーマ」と、初代の後期型から設定されたスペアタイヤが床下に収納された「フルマーク」とがありますが、市場での人気はすっきりとしたフルマークのほう。

そりゃそうだよな、方向性をはっきりとシティユースに向けたくせになんでそこだけクロカン色を出したかな?

とはいうものの、駆動方式ではやっぱりFFよりも4WDのほうに分があるようです。なにがなにやら^^;

ちょっと待て、初代や古い2代目CR-Vはもう売れないのかよ?
というと実はそんなこともありません。

海外(主に途上国)では、故障の少ない日本の中古車は年式が古くても一定の人気がありますので、特に世界的に知名度のあったCR-Vならまだまだ海外での需要は多いんじゃないかと。

そして自動車買取業者には買い取ったクルマの捌き先として海外マーケットを主にしてる店って結構多いですから、そういう業者ならば査定の評価は高いかもしれませんね。

ただ、どの業者がそうなのか?いちいち探すのはメンドクサイっすよね。

一括査定サービスならば、パソコンから1度サクっと登録するだけで複数の業者に査定を申し込んだことになります。

その中にはそんな海外マーケットを主にしてるお店もとーぜん何社か含まれていますので、そんな業者同士で競合にでもなれば、値が付かないどころか逆に吊り上がる可能性すらでてきます。

2代目CR-Vの場合はまだまだ国内での人気もありますんで、上記の業者の他にも、年式、程度によってはSUV専門店やホンダ推しの店なんかも入札に参戦してくるかもしれません。

つまり一括査定サービスを利用するメリットがさらに高まることになりますな。