モビリオスパイクの査定は4WD車が若干有利か・・・

【前半】 モビリオ・スパイク買取news(相場は好調だが、売る相手を間違えると...)

ホンダ・モビリオスパイク買取ホンダのモビリオスパイクは持った人が手放さないということもあって中古車の需要があっても数が少ないので買取相場も期待モテそうです。

そんな時こそ、一括査定サービスに登録して、専門のお店に絞ってのオークションして正当に業者に買い上げてもらいたい気がします。

さて、モビリオスパイクは、まぁ名前からして想像できますけどモビリオから派生したモデル。

で、ファーミリーユースを対象に製造されたモビリオを、より遊び重視に振ったモデルです。

派生車種なんて言ってはいますけどね、マーチに対するキューブなんかとちがって基本的スタイリングはモビリオとほぼ同じです(モビリオって冠も背負ってますしね)。 (後半へ続く...)


  





【コラム後半】 モビリオスパイクの査定は4WD車が若干有利か・・・


ま、言ってみりゃまぁ、
ちょっとやりすぎちゃった1グレードって感じでしょうか。

ちなみにモビリオの実質上の後継車であるフリードにもやっぱりフリードスパイクという派生車種がありますよね。

ベースとなったモビリオとの相違点で一番大きなものといえば、やっぱり乗車定員でしょうね。コンパクトカーなのに3列シートってのが最大の売りだったモビリオから、その3列目を取っ払うという暴挙にでて5人乗り仕様になってるんですね。

完全に若年層をターゲットにしてまして、後ろのスペースは椅子除けちゃったからもう好きに使っちゃってー...ってゆうクルマに仕上がってます。

しかもモビリオのもう一つの売りだったはずの前/後席ウォークスルーまであっさり見限ってのフロントベンチシート仕様ときた。ウォークスルー?なにそれ若いボクラには必要ないじゃーん...みたいな。

したがってモビリオスパイクのコンセプトは「ファミリー層はモビリオが引き受けたから、ナウでヤングな(死語)君たちはスパイクで好きにしちゃってー」...うん、こんな感じ。

なんだよー、ナウでヤングな君たちはそのベンチシートでなにすんだよー、どんなことすんだよー、チックショー。

...^^;

さて、モビリオスパイクは、モビリオよりも半年くらい遅れて発売されましたけど、発売後からは月間販売台数でずーっと本元のモビリオよりも売れてたんですね...ってゆうかモビリオはスパイクで持ってたようなもんなんですよね。

実際中古車市場でもモビリオスパイクの方が高い価格帯で流通している模様なんですが、だけど新車時の売れっぷりから考えると流通台数はちょっと少ないんじゃない?

要するに手放さないナウなヤングが多いってことなんでしょうね、きっと。
チクショウ、ベンチシートの使い心地がきっ...以下自粛^^;

そんな訳なので、需要はあるのに、市場にタマ数が少ないモビリオスパイクは、買取業者の査定で高額をゲットできる可能性が高いと言えそうです。

グレードとかによる人気度の差はあまりない(全車ベンチシートだから)みたいだけど、しいていえばやっぱり4WD車は若干有利なようですね。そりゃ遊びのクルマですしね。
うん、どうやらモビリオスパイクはそれなりに高く買い取って貰うことができそうってことですね。

ただし、クルマの方向性ゆえか需要層って結構限られてそうなんですよね(しつこいようですけどレジャー目的のナウなヤングたちってことです)。

こういう方向性のはっきりしたクルマの場合、買取業者をちゃんと選ばないと査定額が低くなっちゃう可能性もあるので要注意。

つまり、車の買取業者にはそれぞれ専門的な得意とする分野を持っているお店が多くありますから、モビリオスパイクなら、こういったクルマを得意とする業者をちゃんと選びましょってことです。

例えば、店頭に普通のモビリオとかトヨタ・シエンタみたいなクルマばかりが並んでるような店(ファミリー層狙いってことです)にスパイクの査定を依頼しても、その店では"遊び車"の需要は少ないわけですから査定も渋くなりがちってこと。

むしろRV車やSUVが得意な店のほうがジャンルは近そうじゃないですか。つまり、そういうお店を探し出して買取を依頼すればモビリオスパイクはより高く売却出来るってわけです。

一括査定サービスという、複数の買取業者に一斉に査定を依頼できるシステムを上手く利用することで、そういうモビリオスパイクのようなクルマこそを仕入れたいと思っている(であろう)お店ばかりを 選んで査定を依頼することもできます。

そうすれば、そうゆうお店ばっかりであなたのモビリオスパイクの査定合戦になるわけですから査定額もどんどん吊り上がっていきそうですよね。