オデッセイはアブソルートが有利か

【前半】 オデッセイの買取 ※アブソルート、Mエアロの買取相場の安心するな

ホンダ・オデッセイ買取オデッセイは中古車の専門店へ持っていくと意外と買取相場も低いなんて噂もありますが、実際どなんでしょうね。

さておき、初代オデッセイが発売された時、実は筆者はその頃ホンダのカーディーラーで整備士をしてました。

いや~~ホント売れた売れた。

くる日もくる日もオデッセイの新車整備(納車前に各部の点検やDオプションの取付をしたりする)でしたよ。

さて、現行のモデルでオデッセイは4代目となりますが、実際に現在売却を検討されてるのは、おそらくその前の3代目モデルの方が多いんでしょうかね。

その3代目オデッセイのデビューもけっこう衝撃でしたよね。 (後半へ続く...)


  





【コラム後半】 オデッセイはアブソルートが有利か


初代から2代目へは、まぁキープコンセプトの見本のようなモデルチェンジ、その後売れ行きも好調のままに3代目へチェンジなんですから普通に考えればやっぱりコンセプトはキープだろ?

と思ったらあらビックリ、いきなり潰れちゃった(笑)。

そんな潰れ...いや、上下に平べったくなった3代目オデッセイのキャッチコピーは
ミニバンを開発し直しました」だそうです。

そして、このクラスのミニバン(ライバルはエスティマとかですよ)としては異例ともいえるのが立駐に入れられるってこと。これ異例どころか脅威っていってもいいですよね。

ちなみに、「オデッセイ 中古」で検索をかけるとかなりの件数でゴルフクラブがヒットするんですけど(笑)...そんなのあるんだ(有名なパターだそうです)。

はい、余談でした。

ではそろそろ3代目オデッセイの売却を検討するにあたって、どんなオデッセイが高く売れるのをか検証してみたいと思います(たまには真面目に言ってみた)。

新型にモデルチェンジしたことによって、3代目オデッセイの価格はややこなれてはしまいましたが、まぁそれはどんなクルマだって同じなんだから仕方のないことですね。

それよりも、価格がこなれてきたことによって、
3代目オデッセイの中古車市場での相場がむしろ上がったようなんですよね(元々人気もあったし)。

中古車市場での人気度ってのは、そのまま買取市場での需要度ってことですから割と朗報ですよねこれ。

現に、買取専門店のサイトを覗くと「買取強化車種」と称してオデッセイを挙げているお店はかなりあるんですよ。では、装備や車体色で査定に上乗せが期待できそうなのは?ってぇと...

まず、専用エンジンやエアロパーツで走りを意識したモデルの「アブソルート」。

一般的に純正のエアロパーツ装着車はリセールバリューが高い傾向にありますので「Mエアロパッケージ」これもいいでしょうね。

新型へのモデルチェンジの直前に追加された特別仕様車の「エアロHDDナビスペシャルエディション」は名前が長すぎてダメだ。うそだ。これは年式も高くて装備も充実しているのでかなりの高評価が期待できそう。

車体色ではパール系のホワイトとブラックのメタリックの評価が高いみたいです。実際中古車サイトに掲示されてるのはこの2色だけっていってもいいくらいの人気っぷりですしね。

まぁオデッセイってだけでもう高評価なんですから、あとは売り方でもう少し売却価格を吊り上げちゃいましょうよ。

一括査定というサービスにあなたのオデッセイを登録すると、近隣のたくさんの買取業者に一斉にそのクルマの情報が流れます。

それを見た業者がそれぞれ査定をして入札していくというちょっとオークション的なシステムなんですけど、オデッセイみたいに需要の多いクルマなら参加業者もきっと多いと思うんですよね。

買取後に売れるのが判ってるオデッセイならば、みんなちょっと頑張っちゃってでも仕入れたいはずです。

するってぇと...ね?
自然と入札価格が吊り上っていく原理は...ご理解いただけましたでしょ?