エリシオンはプレステージが高値期待

【前半】 エリシオン買取news(相場は微妙。プレステージが高価買取か...

ホンダ・エリシオン買取ホンダ・エリシオンを中古車に出す時に不利になるのがネームバリューみたいですが、人と違ったタイプに乗りたいという人は必ずいます。

一括査定なら相場もなんのそのでたくさんの業者にオークション形式で落札で引き取られるので安心して買取もOKって感じです。

っつか、いやーホンダもこんなクルマ造るようになったんだなー。

ってのが、ホンダ・エリシオン(ってゆうか先行モデルとされているラグレイト)に対する筆者の正直な感想ですね。

私ごとですけど、20年ほど前にホンダ系の某ディーラーで整備士をしていた頃には、
ホンダから大型ミニバンが出るだなんて想像もできませんでしたよ。
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 エリシオンはプレステージが高値期待


そもそもが大衆乗用車メーカーですからね、大型高級車(2代目レジェンド)の発売ですらビックリしたほどでしたもん。

こんなでかいのオレらが触って(整備して)いいのん?なんつって^^;。
(※)初代レジェンドは前後のバンパーが長いだけで、ボディ自体は5ナンバーサイズでした。

さて、エリシオンに話を戻しますね。事実上ラグレイトの後継車とされてるようですけど違いますよ。
違いますよね?

だってラグレイトって北米オデッセイの逆輸入版でしょ?

向こうじゃ代が変わって3代目が現行機種で継続してるじゃんねぇ...。
エリシオンはラグレイトを参考にした新規投入機種だと私は思うんですけどね。

サイズも全然違うしな。
ま、いいや(いいんなら書くなよな)。

ライバル2車(T社のアル/ヴェルとN社のエルグランドですな)の実績やネームバリューが強力なせいか販売状況はやや苦戦してる?ようですね。

勝てないのはクルマの所為じゃないのに、毎年のようにマイナーチェンジを繰り返してるせいかクルマとしてはどんどん出来が良くなってってますよね。なんか口惜しい恩恵ダナー^^;

例を挙げると、当初は8人乗りの設定しかなかったのを、途中からゆったりした7人乗り(2列目がキャプテンシート)も選べるようにしてたりとかですね。

また、特別仕様車の装備だったものがマイナーチェンジの度にどんどん標準装備化してってるので、モデルが新しくなるにしたがって標準装着の装備が充実してます。

だから中身はライバル2車なんかよりもゼーンゼンいいクルマになってんだゾ..と筆者は主張したい。単にホンダ党だからだけどー。

中古車市場では07年式くらいまでのが主に流通しているので、それ以降の年式のエリシオンなら流通台数が少ないこともあってかなり高額買取に期待が持てますな。ってゆうか当然年式も高くなるし前述の通り装備も充実してるんで、当たり前なんですけどね。

流通の主流になっている前期型の中では「エアロバージョン」の人気が高く、それも人気色の白パールだったりしたらかなり査定評価は高いみたいです。やっぱ車種問わず純正エアロ車は評価が高いっすね。

ボディカラーではその他に黒パールも良いみたいですね。
やっぱ車種問わず白/黒は評価が高いっすね。

07年以降の後期型ではやはり高級グレードの「プレステージ」ですね、特に(中古車市場に展開した時の)売れ筋である2.4LモデルのプレステージSはかなり評価が高いみたい。

やっぱ車種問わずえーと...これは問いますナ。

大型車の小排気量モデルはリセール時に人気があるので評価が高いんですよね。

とにかく人と違ったクルマに乗りたいという層は結構いるはずなので(この場合はアル/ヴェルやエルグランドは巷にありすぎて嫌だっていう層ですね)、エリシオンの買取需要はそれなりにあると思っていいと思いますよ。

エリシオンを売るときには、とにかくネームバリューの点で不利なんですから(きっぱり)少しでも多くの業者に査定させるのが絶対条件となってきます。

数社に査定させると査定額にかなりの開きがあるって聞きますし、買取業者のなかには「ウチはトヨタ・日産よりもホンダ推しです」って業者もあったりするらしいですしね。

そんなことを手っ取り早くできるのが、一括査定サービスというシステムです。

なんせ、愛車の情報を登録するのは1回だけでよくて、これでもう複数の業者に査定を依頼したことになりますから、後は全部の査定が終わるまでエリシオンでの思い出でも思い返してりゃOK。

我に返ったときには高額査定にビックリしたりしてー