プント売るなら大型有名店もアリ..かも?

【前半】 2代目プント買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

えーと?...プント、プント?あぁ、フィアットの小型ハッチバックか。

確かそのあと違う名前になったんじゃなかったっけ? そうそうグランデプントだ。

え?グランデが付く前のプントの買取価格の相場が知りたいと..そうゆうことですか。

ってぇと、2000年に日本の市場に導入された2代目のモデルのことですな。

オーライ、オーライ..了解しました。

あ、イタ車だからイタリア語でいくか。ベーネ、ベーネ...うん、こうでなきゃ。

えー...語学講座じゃないんで、先に進みます...^^;【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 プント売るなら大型有名店もアリ..かも?


さて、2代目プントの買取価格ってことですけど、販売されてた期間が2000年から2006年ってゆう、ま、言ってみりゃちょっと前のモデルってことになりますよね。

ぶっちゃければ、あまり過度の期待は...まぁ、してないか。

こういったちょっと前のモデルの買取価格の一般的な傾向として、年式差もグレード格差もへったくれも関係なく、なによりも程度の良し悪しがモノを言っちゃうぜ...

ってゆうのがあります。

ちなみにグーグル翻訳によると「へったくれ」にあたるイタリア語はないそうですな。

...^^; なんのちなみか。

ま、もちろんフツーの小型ハッチバックである2代目プントさんにおきましても、そんな傾向が寸分違わず当て嵌まりますので、ご了承の程宜しくお願い申し...なんで急に文章が堅くなったんだ私は。

いかん、いかん...いやホントはそれでいいのか^^;

えー、話しをプントの買取相場に戻しますよ(最初から外れなきゃいいんだけどな)。

上でへったくれがどうとか書いちゃいましたけど、一応グレード変遷なんてのを把握しておきましょうかね(プントを良く知らない筆者のために)。

日本に導入されたのは、1.2Lに標準グレードと上位グレードがあって、それに1.8Lでアバルトのエアロをまとったスポーツモデル...あ、これ日本専用モデルなんだ。

2003年のマイナーチェンジで顔つきがガラっと変わった後期型になりましたな。

筆者的には前期型プントの顔つきのほうが好みだなぁ...関係ないけど。

後期型からは、1.2Lの標準グレードがなくなったようですね。

ってなわけで、中古車市場をチェックしてみましょうか? 中古での販売価格帯をみればマイチェンによって買取相場に変動があるか?とかが判りますからね。

...。

だーかーらー、話しがへったくれに戻っちゃったじゃないか。

うーん、前期型とか後期型とかってのもあんまり影響しないようですね、やっぱり。

こうなったら仕方ない...ってゆうか傾向を知ったところでアレだ、あなたが買取を希望してる2代目プントの年式とかグレードとか程度とかが変わるわけじゃないもんね。

中古車市場をみてみると、プント(グランデプントとかも含めた全部)の流通量の中で2代目プントが占める割合は約半分。

つまり、まだまだ中古車としての需要はあるってことですから、もう売れない..なんてことはないはず。

ここはひとつ、売り方のテクニックとかで少しでも買取価格を上げちゃう方法なんぞを考えてみましょうよ。

まず絶対にやらなきゃダメなのが、複数の自動車買取業者に査定を依頼して相見積りをとること。

業者によって査定額ってのが違うわけですから、その中で一番高かったところに売らなきゃ損でしょ?

ま、一括査定サービスならなんの面倒もいらずに複数の買取業者に査定を依頼できますからこれを利用しない手はないよね。

あ、そうそう、業者によって査定額が違うんですよ...何を当たり前のことを、って、

いや、だからそれがテクニックのふたつ目。

自動車買取業者には大きく2つのタイプがありまして、ひとつはクルマなら何でも買取りの対象にしてまっせ的な業者(これにはガリバーとかを代表とする大型有名店と、そうじゃない ^^; ところがありますけど)、それと対象を特定のカテゴリーのクルマに特化してる専門店って呼ばれてるタイプの業者。

さて問題。

2代目プントを高く買取ってくれるのはどっちでしょーか?

正解はー...ジャジャン  「どっちも」

何だよそれ^^;

プントは小型大衆車ですから間口の広い大型の有名店の査定額には、まぁ割かし期待が持てそうです。

対する専門店も専門ってくらいだから、ま、それなりの期待は出来るでしょう。

ただ、その場合はちょっとした見極めが必要になってくるんですな。

ま、狙うのは輸入車を専門にしてる買取業者なんですけど、中にはベンツだベンベだしか相手にしませんでごさいます..みたいな業者もあるわけで。

中にはフェラーリだランボル以下略でございます...みたいな業者もあるわけで。

買取を希望してるのはプントなんだから、ヨーロッパの小粋なハッチバックを所望しておりますことよオホホ...みたいな業者を選ばなきゃ。

ズバットの一括査定サービスにならー...ジャジャン

そんな専門店型も、有名大手も両タイプともが参加してるから、上手に査定先を選んで少しでも高く買取ってもらっちゃいましょうよってこと。