ムルティプラ..ちょっと変わった子あります

【前半】 ムルティプラ買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

フィアット・ムルティプラ...何ての?車名のゴロからしてちょっと変わった(日本人には..なのかもしれないけど)クルマなんですけど...。

コイツの買取価格の相場はどうなっとるんかね?ってなことを、まぁこれからグダグダと(ダメじゃん)書いていくわけですわ。

ま、カテゴリーとしてはヨーロッパでは割かし良くあるちょっと大柄なハッチバックになるんだけどねぇ...ま、乗ってる人には私が何を言いたいか判ってるよね。

初めて見たとき「フィアットどうかしちゃったか」とか思ったけど、一回見たら忘れないだろうインパクトのフォルムは、ある意味成功だったって言ってもいいのかもな。

さて、その辺が買取価格にどう影響するのか? しないのか?
【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 ムルティプラ..ちょっと変わった子あります


さて、前半でも触れたけど、ムルティプラの最大の特徴といえば「世界で最も醜い車」とまで評された独特のいかしたフォルムですよね。

マイナーチェンジで(つまり後期型からは)全く普通のクルマになっちゃったけど。

あ、ハッチバックって書いたけど、6人乗りってことで日本ではミニバンに分類されることが多いみたいね。

3人掛け2列ってのは珍しい(ちょっと前のホンダ車にもあったな)けど、これ、プジョーシトロエングループとの契約上の事情とか、ヨーロッパのカーフェリー料金の絡みで 4m 以下に全長を押さえたいとかってゆうちゃんとした理由があってのことなんだってね。

ま、だからってあのフォルムになった理由にはならないんだけ...いや、その前に買取相場には全く関係のない話しなんだけど。

さて、そんなコネタを挟みつつ、おっと本題に戻さなきゃ...ってゆう筆者の焦りも交えつつどんどん話しは進行していくわけで。

あ、そうそう、ムルティプラってのはイタリア語で「多様な」って意味の、このクルマの性質をズバリ突いた立派な車名でした。

ここに、冒頭の暴言を陳謝しま...あ、まだ余談だ^^;

えーと?..1998年に発表されたムルティプラさん(実は大昔に先代があって、2代目なんだそう)ですが、日本の市場に導入されたのは2003年の4月から。

そして、翌2004年11月には普通のフォルムの後期型(ニュームルティプラとか言われます)へとマイナー(どこがマイナーか)チェンジしちゃってますので、実は特異なフォルムの前期型が販売されてたのは1年半の間しかなかったんですね。

そうかな?そのわりには前期型ばっかり街で見る気がするけどな...とか思って中古車市場での流通っぷりを確認してみましたところ(あ、中古車市場の状況ってのは買取価格の相場を知るにも重要な場ですからついでだったんですけどね)、ほら見ろやっぱり前期型のほうが多く流通してるじゃないか。

いや、インパクトが強すぎて1台見ただけで脳内で増幅させちゃってたんじゃないか...とか心配してたんですよ、ホントは。

...^^;

さて、中古車市場の流通状況から想像しますに(せめて検証とか言えないもんかね)、買取相場の傾向としましては、ぶっちゃけ芳しくなさそう...ってのが正直な感想かな。

ま、後期型のニュームルティプラですら2007年に生産が終了しちゃってますからね(つまりモデル自体ちょっと前の古いクルマですからね)。

そもそもあなただって買取価格に過度の期待なんてのは持ってないんでしょ?

ただ、そのフォルムが人類が隠し持つマニアック心を刺激するのか?..前期型の値落ちが進んでないって傾向はあるみたいだけど。

さて、実は今サラっと重要なことを書きましたぜ。

気付いた?

えー、前期型のムルティプラはしつこいようですけど、ちょっと変わった子じゃないですか。

「売りたいんですけどー」って言ったところで、どこの自動車買取業者もがこぞって手を挙げるわけじゃなさそうだよね。

だったら、査定を依頼する買取業者をちょっと絞っちゃどうですか?

あ、これ、買取を希望してるのがニュームルティプラだとしても割と有効な手段ですので、スルーしないでね。

複数の自動車買取業者に一斉に査定を依頼することができる一括査定サービスってのがありましてね、特にズバットのそれとかは顕著なんだけど専門店って呼ばれるタイプの業者が多く参加してたりするんですな。

この専門店型ってのは、買取るクルマを特定のカテゴリーに絞ってるわけですわ。

ムルティプラを売るなら、輸入車に特化してるような専門店に絞って依頼する業者を選べば当然査定は有利に進むと考えていいでしょう。

一括査定サービスで査定を依頼すれば、クルマの買取の常套手段ともいえる「相見積りをとる」ってゆう作戦も同時に取れますから、査定額が一番高かった業者に売れば、その差額分は得したってことになるしね。

それにさ、一括査定サービス経由の依頼ってことで買取業者にしても相見積り前提で査定しますからね、相場帯をちょっと上げちゃうことにもなるってわけ。