ラッキーなことにフィアット・パンダって値落ち率が小さいんだってよ

【前半】 フィアットパンダ買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

フィアット・パンダですか...筆者みたいなオッサン世代には割と知名度のあるフィアット車ですよね。

ま、今(2013年ですよ)買取を希望してるってのは、おそらく筆者の頭に浮かんでる初代パンダじゃなくて、2004年から日本の市場に導入されたニューパンダとか呼ばれてる2代目モデルのことなんでしょうけど。

じゃちょっと待ってね、、頭のパンダ追っ払うから  シッシッ!

はい、お待たせ...^^;

では早速、フィアット・ニューパンダの買取相場についてちょいと調べを進めていきましょうかね。

【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 ラッキーなことにフィアット・パンダって値落ち率が小さいんだってよ


さて、元々は別車種として新規に開発していたところ、その車名って何かウチのに似てなーい?とかルノーさんにつっこまれちゃって、じゃちょっと前に生産が終わったパンダの世代交代ってことにしちゃおうか..なんてゆう、新機種を開発してると思ってたスタッフの嘆きが聞こえてきそうな経緯でデビューしたニューパンダですけど(ま、買取価格の傾向を探るのに全く関係ない話しでしたけど..ほら落語でゆうマクラみたいなもんだと思っていただければ...^^;)、知名度のおかげもおそらく絶対にあってセールス自体は好調だったようですね。

その証拠に、中古車市場を覗いてみてもかなりの台数が、それも年式、グレードに係わらずに流通しまくってますね。

日本の市場に導入されたのは、FF車が3グレードくらい(よく判ってない^^;)でみんなオートマ、4X4 が2グレードだったかな...で、こっちは5速MT のみと。

4X4 にオートマがないってのは初代を踏襲してたりする設定なんだけど、元々新開発だったんだった...なんだ偶然か?

あ、1.4Lエンジンを搭載する(他はみんな1.2Lですな)スポーティモデルの 100HP(限定販売ですねコレ)ってのは FF だけどマニュアルミッションなんですか。

この 100HP ってのは中古市場での人気が高いみたいですね。あ、つまり買取価格的にもお高めってことね。

それと、4X4 は 5MT ってのがネックになってたのかどうか、新車のセールス自体が少ないみたい。

それだけに中古車市場ではタマ不足って理由もあって、ちょっと買取評価が高いみたいなので、売りたいパンダが 4X4 だってゆうあなたはちょっとラッキーかも。

もともとグレード格差による価格差が小さいので、そこらへんは買取価格にはあまり影響しないみたい...ってゆう、ベースグレードを売りたい人にはかえってラッキーかな?ってゆう傾向もあるようですぜ。

あ、あとね、全般的に比較的値落ち率が大きいなんて言われる輸入車のなかでは、ニューパンダ君は割と健闘してるみたいですね。

おっ、結構期待できる情報でしたね...エヘヘ良かったね。

ま、ともあれニューパンダの日本でのセールスが好調だった一番の理由は、おそらく国産車とたいして変わらないその低価格でしょうから、これ買取価格相場としてみたら逆にマイナスポイントにもなりかねないんですよね。

もともと安いんだもん。

そこでだ。

ニューパンダを少しでも高く買取ってもらうために絶対にしなくちゃいけないのは、必ず相見積りを取るってこと。

相場帯が割と小じんまりと纏まっちゃってるからこそ、なるべく多くの買取業者から査定額を引き出して、一番高かった業者に売らないと...ってわけ。

複数の自動車買取業者から一斉に査定額が出てくるってのがウリの、一括査定サービスを利用すると、まぁ手間も少なくて済むし良いんじゃないでしょうか?

一括査定サービスを経由してきた査定依頼だってだけで、業者側にしてもハナから相見積り前提での査定額を出してきますからね。

これだけでも、相場帯を少し持ち上げる結果に繋がるってわけですよ。

それとね、例えばズバットの一括査定サービスに多く参加してたりするんですけども、買取る車種(ってゆうかカテゴリー)を絞ってるような業者...いわゆる専門店って呼ばれてるタイプの業者を狙うのも有効な手段ですぜ。

ただね、ウチはヨーロッパ車の査定は強いよー..なんてゆうから依頼したら、フェラーリとかランボルギーニが専門だった...なんてこともあるから要注意。

国産車/輸入車は問わないけど、小型ハッチバックの買取に力を入れてるんだぞ..みたいな専門店のほうが査定の評価は高いかも。

そういった意味ではアレだ、ガリバー(ズバットにも参加してます)みたいな有名大型買取店も査定の依頼先に入れておいて損はないかもね。

あ、そうそう、実は売りたいのって初代パンダなんだよね...って人もいるのかな?

愛好家...多いですからね。

もちろん(骨董品レヴェルとして^^;)マニアックな根強い人気がありますから、その手の専門店(割とあったりします)なんかを探すといいかもね。