MC直前、トヨタbBは相場ダウン必至

【前半】 トヨタbB買取news(MC直前、相場ダウンは初代、2代目ともに...

トヨタ・bB買取bBは最初から若年層の人気をわしづかみでした。なので買取相場も強気。でもそれなら一括査定を使ってみると、さらに期待大かも。

ところで、bB...ん?なんて読むの?
え?...ビービー?ふーん、そのままじゃん。
なんだ?...マーチかなんかの派生車種か?
ってマーチは日産車じゃねーか(笑)。

以上、筆者にとってのトヨタ・bBのファーストインプレッションでした。
さて、2012年3月現在、現行モデルとして販売されてるbBは2代目モデルで、なにかの派生モデルどころかそもそもダイハツ製ですコレ。

ちなみにエンジンはダイハツ製だそうですな。
(企画がトヨタで生産はダイハツっていう昔からよくやってるパターンですね)
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 MC直前、トヨタbBは相場ダウン必至


ダイハツでの車名は「クー」、さらにスバルにも「デックス」の名前でOEMで提供されてるので、3メーカーでこのクルマを販売してることになります。

初代bBは、発表直後はアララやっっちゃったか?と思わせましたが、そもそもの販売ターゲットである若い男子~を中心に、ヤンママ、中高年、と需要層ってなに?ってくらいに老若男女から爆発的な大ヒット。

中古車市場では、今現在でも2代目に交じって程度のいい初代モデルがチラホラ並んでるほどです。

現行(2代目)モデルへは05年にモデルチェンジ。初代モデルが中古市場で人気...って書きましたが流通の中心になってるのは年式的にもやっぱりコッチです。

特にマイナー前の前期型は年式も低いので「人気車種の現行モデルなのに価格がこなれてきてる」ってことでかなりの台数が出回ってるみたいです。

初代モデルが結構交じってるのは流通の中心となってる2代目モデルが前期型に集中してるから(年式が近い)ってのと、単純に2代目よりも人気モデルだから。

もちろん古いクルマなので車両の程度は大きく査定に響いてくるんでしょうけど、それにしてもなんであんなに高く売られてるんだろう?ってくらいの人気っぷりですよ(=買取価格も高いってことなのでいいことですけどね)。

さて、ここ近年の特別仕様車ラッシュや発売からの年数を鑑みますとモデルチェンジがそろそろかな?なんて思うんですけど...

あぁ、どうやら来年(2013年)1月でほぼ決定のようですね。じゃ、あとおよそ1年足らずしかないじゃないですか。傾向として、新車販売では、モデルチェンジの目前になると最後の駆け込み需要に応じて値引きが大きくなります。

中古車業界からしてみると、購入を検討中だった人が「それだったら新車を買おうカナー」..なんて言いだしちゃったら困るので、こっちも価格で応戦するしかなくなっちゃいますよね。

販売価格を下げるためには仕入れ価格を抑えなきゃ = すなわち買取価格が安くなる

の数式が当てはまりますからね、もし今本当にbBの売却を考えているのならそうなる前に売っちゃわないと損しちゃいますよ。

今のところはまだ買取価格は下がってないようですからね。

一括査定サービスでは、一度登録することによって複数の買取業者に一度に査定を申し込んだことになります。業者側からみると"一括査定で申し込まれた査定"ですので、競合相手の存在を否応にも意識せざるをえませんな。

古い初代モデルですら高く売れることが判ってるbBならば、ちょっと査定を頑張ってでも仕入れたいところですが、楽天オートの一括査定にはトヨタ系列のT-UPが業者として参加してるんですよね。

なにくそ、相手がトヨタ系だからってこっちも負けちゃらんねーんだよ!って気概を見せる業者さんもいないとも限らないかもしれないかも...いや、きっとある。あってくれ。

もちろんT-UPさんだってブツがトヨタ車じゃ簡単に負けるわけにはいきませんから対抗しますわな。
ね?価格が吊り上る可能性がすごーく出てきましたよね。

楽天オートでは、こんなに良くしてくれた上に、売買が成立すると楽天ポイントまで付けてくれるってんですよ?それも5000ポイントも。なかなか楽天ポイント5000て貯まるもんじゃないですもんね。なんか太っ腹ですね。