ヴォクシーは、VOXYなのか?

【前半】 ヴォクシー買取(裏事情)※VOXYはモデルチェンジを待たずに売るのが吉

トヨタ・ヴォクシー買取いまだに初代VOXYも需要が多いです。だからといってヴォクシーの買取相場が高値安定のままという保証はありませんけどね・・・。。

さて、ヴォクシー...?って、そんなクルマあったっけ?なんて思ったら、なんだVOXYか・・・、反町隆史さんのあれね、うん判った。

まんま「箱っぽい」っていう意味のストレートなネーミングですが、じゃなんでボクシーじゃないのん?

まさかあの消しゴムをはじくボールペンに遠慮したわけじゃあるいまいしー(ひょっとしてしたのかな)。

ま、多分トヨタさんって"ウにてんてん"好きねー、ヴィッツだの、ヴェルファイアだの、ヴ..なんちゃらだの(言うほど思いつかなかった)...程度の理由なんだとは思いますが(笑)。 (後半へ続く...)


  





【コラム後半】 ヴォクシーは、VOXYなのか?


さて、そのVOXY(ヴォクシー)、買取市場での人気はいったい如何なもんでしょうかね。

まず現在のヴォクシーは2代目(07~)になりますが、一昨年以降、煌(きらめき)っていう特別仕様車の発売や既存車の微変更が立て続けにあったようです。

あやしーい、ってゆうかこれやっぱりフルチェン間際なんじゃないか?なーんてちょっと調べてみましたところ、案の定来年(2013)なんじゃないか、ってのが有力VOXY通の間でのウワサなようです。

つまり旧モデルになっちゃう前の今!
現行ヴォクシーの場合は今が売り時のようですね。

ただし初代VOXYの場合でも、買取の需要はまだまだ落ちていません。特に05年以降のモデル(左のフェンダーの付け根に小っさいミラーが生えてるヤツです)は割と高額が期待できそうです。

グレードでいうとやはりVOXYのイメージ的にが、スポーティに振った「Z」がいいようです。

さらにその「ヴォクシーZ」をベースにした特別仕様車の「Z煌(キラメキと読むそうですね)」や、その改良版の「Z煌Ⅱ」あたりは更に高額が期待できそうですよ。

さて、取り回しが楽で維持費もさほどかからない、そのうえファミリーユースや仲間でワイワイなどと使い勝手のよいこのクラスの車(5ナンバーサイズ1.5BOX)ですので、確かに中古車人気(=買取需要)も高いんです。

けど、ヴォクシー以外にも、この手のクルマが売りに出されている数もハンパないです。

だって、このクラスってほぼ全ての自動車メーカーにラインナップありますもん(要するにライバル車が多い)。

じゃ、どうしましょ?

モデルチェンジを待って下取りに出す?...いやいや、明らかに次のクルマを新型のVOXYに絞ってるってんならそれもありかも知れませんが、いや、たとえそうだったとしても買取専門店のほうが高く売れるんですよ。

下取り査定の場合、年式、走行距離、キズ凹み、が重要な査定ポイントであって、市場(中古の)での人気度はあまり評価の対象になりません(あくまで"あまり"ですよ、少しはあります)。

新車ディーラーは新車を売るのが目的なんであって下取ったあとに自分の店でそのクルマを売るわけじゃないですから、むしろ下取りは低く抑えられるに越したことはないんですよね。

それに比べて、買取専門店の場合は買取後の転売を目的としていますので、その後の市場での人気度に敏感です。VOXYみたいに、テッパンで売れるのが判ってるクルマなら買い取りたいに決まってますもんね。

近隣にライバル会社があるならなおさら自分チで買い取りたいと思うことでしょう。そんな買取業者さんの思惑(?)を上手~く利用した「一括査定サービス」っていうヤツを活用するといいかもしれませんね。

あ、そうそう、海だ!キャンプだ!スノボーだ!

って使い方をしてた人は、査定の前に車内を念入りに清掃するといいです、砂とか泥って結構イメージ悪いですので。

それに、そんなに思い出のある愛車なら最後にイッパツご苦労さんの意味も込めて、お気に入りの洋服でゴロゴロしても平気ってレヴェルまでキレイにしてあげましょうね(ウにてんてん言ってみたかっただけ)。