マークⅡ1は走り屋仕様も影響ナシ!?

【前半】 マークⅡ買取news(走り屋仕様のカスタムも相場に影響ナシ!?)

トヨタ・マークⅡ買取トヨタのマークⅡは買取業者に直接出して相場を考えた査定とやらで安く引き取られるよりも、楽天とかの一括査定に出してみたほうが得な気がします。

さて、私の世代でマークⅡてぇと、X70型~X80型(世代でいうと5~6代目になるんだそうですね)を思い出しますねぇ。

4ドアハードトップでツインターボやらスーパーチャージャーやらって積んでね、姉妹車のチェイサー/クレスタと併せて「マークⅡ三兄弟」なんて言われてた時代の話です。

VIPカーなんつってね、なーつかしーなー。 え?知らない? そう、知らないかぁ...ですよねー、もう20年も前の話だもんなー。

さて、オッサンの淡い青春時代なんてのはその辺に捨て置きまして、現実的な話に戻りましょうかね(笑) (後半へ続く...)


  





【コラム後半】 マークⅡ1は走り屋仕様も影響ナシ!?


マークⅡシリーズは2004年に生産終了してますから、最後の年式のでも8年前のクルマとなっちゃいますか。それなのに、ちょっと気にして街を眺めてると割とよく走ってますよね(フツーのセダンなので普段あまり気にしてませんけどね)。

歴史の長いクルマ故に「マークⅡ」ってネームバリューが廃れることがないのか、今でも中古車市場ではけっこう高い水準で流通してるようですよ。
いえね、今ちょっと中古車販売サイトをちょこちょこと見てきましたけどね、うん、確かに「えー、まだこんなにするのー」って価格で売られてるんですね。

それとビックリしたのが、上のほうで捨て置いちゃった筆者の青春時代の頃のマークⅡまで遡って「なんでそんなにするの?」ってくらいの価格がついてるの。なんでー?

どうやら、いわゆる「走り屋」さんってゆうピンポイントの需要が(驚くほどに多数)あるみたいなんですよね。
4ドアハードトップ、ツインターボ、FRで5速MT...確かに今じゃそんなクルマないですもんね。

だから走り屋仕様にいじっちゃってても全然平気っすよ、ってゆうか「むしろそういうマークⅡこそ探してんだよ」っていう業者さんもかなり多いみたいですから。

あと「今はなき」ってのも人気のひとつなんでしょうね。
なんだよマークXってよー...って人が多いってことか(私です)。

では、真っ当に(笑)乗ってたマークⅡ(特に最終モデルの9代目やその前の8代目あたり)の場合はどうでしょう。これ、前述の通り普通の乗用車として普通に安定した需要(=買取ニーズも)があります。

その場合は、装備が充実している上位グレードや、中古車市場で定番の人気色である白パールとブラックがやっぱり査定の評価は高いみたいですね。もちろん少々古いクルマですから程度や走行距離もかなり影響するんでしょうけど。

このように、マークⅡに関しては、年式がどうこう関係なく需要の方向性に対して新旧入り交じって流通してます。だからもうね、このグレードは高く売れるとか、白パールだからどうこうとか考えなくてもいいんじゃないかな。

一番重要なのはドレが高いかじゃなくて、
ドコが高く買うか、を見極めること!

...うん、それ無理。
ですよねー、それが判らないからこんな駄文でも読んでるんですもんねぇ、なんかヒントないかなーって。

じゃ、感謝を込めていいこと教えちゃいますよ。

一括査定というサービスを利用すると、一番高く買ってくれる店を探してくれるどころか、さらに価格の吊り上げまで面倒見てくれるんですよ。

一括査定サービスには、セダンの専門店、走り屋さん御用達店、など様々な分野を得意とする買取業者さんが参加していますので、大衆車として、走り屋さんのクルマとしてetc...と、どこに需要があるのかイマイチ読み切れないマークⅡのような車種でも、きっと高く売れる店があるはずです。

だって、中古車販売サイトをみて「ブタ目のグランデ」とかまでが数多く掲載されてたのには正直感動しましたもの。青春時代通りこして、いたいけな少年時代のクルマだもんな。(え?ブタ目のマークⅡ知らない?..だよね^^;)