プレオはネスタの買取相場が高め

【前半】 スバル・プレオ買取news(相場はネスタはやや有利か...

スバル・プレオ買取newsスバルのプレオが中古車に出て人気が高いというとやっぱりスポーツタイプや4WDちうところかなって相場を気にしています。

でも、ズバットの一括査定でオークションにかければ、大手の買取専門店も沢山参加してくれるとか・・・期待持てそうです。

さて、えーと、プレオ、プレオ...と。

プレオってどんなクルマだったっけ?

確かスバルの軽で...と、おぼろげな記憶を頭に浮かべたままスバルの公式サイトを覗いてみましたけど、アララ?

え、ボンバン?あれぇ?...プレオってトールワゴンじゃなかったっけ?
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 プレオはネスタの買取相場が高め


はい、どっちも正解。私、一瞬ついにボケがきたかと思っちゃいました(^^;)けど、初代モデルはトールワゴンで正解でした。

うんビックリした..あってるじゃん。

それにしても、この ボンバン型の現行(2代目)プレオの印象が薄い...いや、なのになぜか知ってる感が妙にある。

なーぜー?

実は、筆者の記憶にあった初代プレオは今(2012年)から5年前の07年に"事実上"販売を終了してまして、その流れ(トールワゴンですね)はステラに引き継がれています(ってゆうか吸収されました)。

そうか、あれがステラか。

"事実上"って書いたのは、ステラの発売後もプレオの一部のグレード(商用とかですね)が併売されてたから。

じゃあ、今のあのボンバン型のはなに?っていいますと、なーんだ知ってる感があって当然でしたよ。ダイハツからのOEM供給車でしたか(つまり今のプレオはミラなんですね)。

最近のトヨタ・ダイハツ・スバルのタッグは固いねぇ。

さて、現行プレオ(ミラ)は2010年の発売ですから、いくらなんでもまだ売却検討にゃなってないですよね?

というわけで、ここでは初代プレオに絞って話しを進めていきたいと思います。

さっそく中古車市場を覗いてみますと、(失礼ながら)割と台数が出回ってるんですね。マイナー車種に分類されるのかと思ってましたよ、ごめんねプレオ。

そもそも軽自動車(特に人気の高いトールワゴン)は値落ち率が小さいですからね。プレオも新車時の価格から鑑みるとそれなりの価格で販売されているみたいです。

じゃ、なかでも市場で人気がある(=買取需要もある)グレードは?ってぇと、プレオは(ってゆうかスバルは)追加/廃止も含めるとグレード設定がやたら多いので人気があるのはどれだ?って言われてもイマイチ把握しきれないんですよね。

ざっくり言えば、概ねスポーツ志向の高いグレードや4WD車は評価が高いみたいです。

それと、この年代の軽自動車にありがちなフェイスリフトを主とする外観仕様モデル(レトロ風とか多かったですよね)。

もちろんプレオにも存在しまして、そのうちの「ネスタ」ってゆうちょっとクラシカルな顔を持つモデルは、ノーマル・プレオよりは若干評価が高いようですな。

ただし、往年の名車「スバル360」風のフロントマスクを持つという「ニコット」は大ハズレ(なぜなら全然360に見えないから^^;)。

微妙に中途半端な顔つきになっちゃってるんですよね、どうせやるならもっとちゃんと造り込めよなー。

さて、トールワゴンってのは軽自動車全般でみても中心になってるカテゴリーですから、需要も多いし流通の回転も速いんですよね。

つまり売る方(中古車販売店=買取業者)からしてみると、とにかく仕入れてとにかく売りまくるようなカテゴリーのクルマなんですな。

特に地方都市を含めて店舗数の多い大手の買取業者では、軽トールワゴンはあってもあっても足りないくらい。

そこらへんに狙いを定めて査定の依頼をすれば業者間での取り合いになることは必至といえます。

そこで、ズバットの一括査定サービスを利用するというのが、プレオをより高く売却するための有効な作戦になってくるんじゃないかな?なんて思われますね。

なんでカービュー?
インターネットをフラフラとさまよってますと一括査定サービスってのを数多く見ることができます。

なかでもズバットって全国規模の大手買取専門店がたくさん参加してるっていう特徴があるんですよね。

ここらへんの大手同士が競合することで、結果として査定額が吊り上がっていくことになるわけです。

勿論、大手だけじゃなくて軽自動車専門店みたいな業者も査定合戦に加わりますからなおさらですよね。