2代目フォレスターの買取相場を見る

【前半】 フォレスター買取news(2代目フォレスター、買取相場はダウン寸前)

スバル・フォレスター買取フォレスターは中古車市場でも人気があるのでそんなに買取相場が崩れていないなんて言われてますけどね・・・。

さておき、スバル・フォレスターってクルマは、初代モデルから完成していたように思います。

そりゃそうですよね。レガシィやインプレッサのノウハウがあってからのクルマなんですから。

で、そんな初代モデルから、2代目フォレスターへのモデルチェンジが2002年。へぇ、今年でもう10年経つんですねぇ。

スタイリングは基本的にキープコンセプトでしたが、特筆すべきは方向性の確立を上手に図ったところ。
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 2代目フォレスターの買取相場を見る


モデルチェンジってぇと普通ならばパワーアップさせたがるエンジンの最大出力をなんとデチューン(思い切ったな)。

さらに車両の軽量化を行ったことで、かえって街乗りでの扱い易さをグッと向上させたっていうんですね。うん、そっちに振ったわけね。

正解だったんでしょうね、2代目フォレスター発売から2週間で月販目標を達成したってんだからスバル、グッジョブ。

さて、話を10年前から現在(2012)に戻しますよ。

例えば適当な中古車販売のサイトを見てみます。...と、さすがに発売から5年近く経ってますので3代目フォレスター(現行モデル)が結構出回ってきてはいますね(最初の頃のヤツならそろそろ2回目の車検ですもんね)。

でもやっぱり販売の中心はタマ数的にも未だ2代目フォレスターとなってるようですな。これで、今売却を考えてもとりあえずどうやら需要はまだありそうだな?ということは判明しましたね、うん、ひとまずよかった。

一般的に中古車の販売価格相場ってのはおよそ年式に比例しますよね?
(とりあえずグレードの上下や車両の程度は考えないとすれば)

なので新車での販売期間中にマイナーチェンジを行った車種(たいがいのクルマはしますが^^;)なら、マイチェン後のヤツの方がより相場は高くなります。

2代目フォレスターの場合、それがちょっと顕著ってゆうか...。

05年のマイナーチェンジがかなり大幅なものだったからなのか、マイチェン前/後でまるでモデルが違うんじゃないか?ってくらい中古車価格が違うようなんですよね。

ひょっとしたら、業者さん達の間では「あれはモデルチェンジだったってことでひとつ」...みたいな扱いになってるんでしょうか^^;

ですから、前期型/後期型の市場での相場を私が感じたままに書きますと...。後期型は「うはー、2代目フォレスターって、まだこんなにするんだー」って感じで、前期型が「へぇ、まだこんなに付くんだ」って感じ。

えー...割と良い感触だってことを、なんとなーく感じとって頂ければ幸いです。

ただし例外として特別仕様車ってのがあります。当然だけどそれは買取査定では加算ポイントとなり、標準車との年式差があまりないなら売却価格が逆転することもあるでしょう。

2代目フォレスターでいうと、LLビーンとのコラボ的なヤツとか、エアブレイクってのとか。よりタウンユースを意識したグレードのクロススポーツをベースにしてるのが数種ありますけど、これはどれも買取相場は高めとなってるようです。

微妙なのが、唯一の2.5Lモデル「STiバージョン」。

クルマとしての方向性がはっきりしすぎてる上に6速MTの設定しかないことで、需要層がかなり狭いんじゃないかと、ってゆうか層どころか膜くらいの厚みしかないんじゃないのか?

ただ、その膜の中ではとびきり人気があるようにも思えるんですよね。

さて、新車市場をみてみますと、2012年の夏頃にはフォレスターも4代目へのモデルチェンジの予定があるんだそうで...って、わわわ今年じゃん。

型が落ちていけば当然市場での取引価格はどんどん下降する傾向にありますので、もし本気で売却を考えてるんなら"昔のフォレスター"になっちゃう前のがいいんじゃない?

ただし、いきなりその辺の買取業者に飛び込んだりしたらダメ。

持ち込みで売却に行くのは「売る気マンマンです!」ってアピールしてるのと同じなんですから。「夏にモデルチェンジがありますからね~、古いモデルは査定キビシイんですよねぇ~」とかなんとかいってね、買い叩くには格好のネタですし。

ね?
やばいやばい、損しちゃうとこだったじゃん。

一括査定サービスを使って複数の業者が査定する状況にしちゃえば、競合になりますから買い叩いてなんかいられないもんね。

なんせ市場では人気のある2代目フォレスターなんだから、
逆に価格の吊り上がりだって期待していいくらいなんですよ。