ジムニーはボディが腐ってなければ値が付く

【前半】 ジムニー買取news(ジムニーだから可能な5000円高く売る方法)

スズキ・ジムニー買取ジムニーは年代が古くても、そこそこの買取相場っぽいです。こういう息の長いモデルは一括査定サービスでたくさんの業者にアピールしてみるのも手です。

さて、本格クロカン"軽"4駆...ジムニーって世界中で他に例をみないオンリーワンの存在ですよね(なぜなら海外には軽規格がないから)。

とかいって、結構世界各国で生産とか販売とかされてたりするんですけどね。まぁ販売されてるのは1300ccモデルがほとんどだけど。

そのジムニー、2つの大きな特長がありまして...

なんと軽自動車の規格が360ccだったころから現在まで40年以上のも続いてる超ロングライフモデルで...ってゆうか、
(後半へ続く...)


  





【コラム後半】 ジムニーはボディが腐ってなければ値が付く


その歴史の中でも2回しかモデルチェンジしてないので1モデルごとにみてもロングライフ車だというのが1つ。

そして、一部の熱狂的な層にはどの年代のモデルでも未だに高い人気を誇っているというのが1つ。

モデルチェンジが2回ですから、現行モデルは3代目ジムニーということになりますな。現行モデルなんていっても発売が1998年なので、現在(2012年2月)の時点で15年も経ってます。

うん、
見事なロングライフっぷりだ。

3代目へは、軽自動車の規格変更(550cc→660ccになった時ですね)に伴うモデルチェンジだったので、規格の変更がなかったら未だに2代目だったかもねー、なんて思ったりして...いくらなんでもそりゃないか^^;

いや、ちょっとそう思っちゃうくらいに2代目ジムニーですら未だ人気が衰えていないんだから、これがまた。

3代目でバン登録車と幌仕様がなくなったのはちょっと残念だったかなー。特にジムニーの幌車は、同社のカプチーノやホンダ・ビートが流行ったときに、勘違いで復活設定してたりしてくれてたら評価したのにな(私が)。

いやいや、きっとそんな声は多いんじゃないか?と思って検索してみたけどぜんぜんなかった(笑)。

あれー、そうなのか..幌車復活したら売れると思うんだけどなー...一部のマニアに。

上のほうでもちょっと触れましたが、一部に...いや"ごく"一部に熱狂的な層がありますんで、あなたのジムニーが2代目のポンコツ(失礼)とかでも心配はいらないっスよ。

「ジムニーはボディが腐ってなければまだ値が付く」とまで言われてるらしいですからね。なんせ2代目初期の2サイクルエンジン車にも未だ需要があるくらいなんですから(30年モノですよ?...ワインか!って^^;)。

また、ドノーマルで乗ってる人も...多分少ないんでしょうね。それも大丈夫...ってゆうか、いかした改造ならむしろ加点かも?ってくらい大丈夫。

とにかくモデルを問わず人気が全く衰えていないジムニーなんですけど、これまで何度も書いてるとおりその需要層はド局所といっていいです。

だから、まずは楽天オートの一括査定サービスに登録して、複数の買取業者に査定を依頼しましょう。

その局所と呼ばれている(呼ばれてません)業者さんはジムニーの売り出し情報にはかなり敏感なアンテナを張ってますからね、必ず反応するはずですよね。

そもそもジムニーの需要自体が層どころか点くらいしかないので、その点の中での競合は激しいものになるんじゃないでしょうか?

そしたら、買取価格もグングン上がるかもしれませんよ。さらに、楽天オートの一括査定サービスで売買が成立すると、楽天さんから小遣いとして楽天ポイントが5000ポイント貰えます。

次に乗るのもモデル違いのジムニーなんでしょ?どーせ。
その5000ポイントで次のジムニーにナニ付けましょうか?