TJラングラーはジープのジープたるジープ然なところが人気高し

【前半】 TJラングラー買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

ジープ・ラングラーってのは、いわゆる車名としてのジープ(ってのがあるなら)の直系の後継車ですよね。

このページで買取価格の状況なんかについて書いていくのは、その2代目にあたるモデルで、型式でいうと(ジープ乗りにはこのほうが通るんだってね) TJ型ってやつです。

ま、全く自動車に興味のない人に「これなんてクルマ?」って聞いても「ジープでしょ」ってちゃーんと答えが返ってくるような、典型的なジープ然としたスタイルが特徴のジープですよね。

さて、ジープって何回書いたでしょうか?...ってクイズじゃないんだよ ^^;

えー、馬鹿なこと言ってないで買取の話しに戻しますぜぇ...
【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 TJラングラーはジープのジープたるジープ然なところが人気高し


さて、2代目のTJラングラーは先代の(小洒落たつもりだったかの)角目ライトから原点回帰ともいえる丸型ライトに戻したものの、なんと足回りを伝統の板バネからコイルにしてオンロード性能を向上させるという、どっちを目指すんだい?ってな進化をとげて1996年に登場。

2013年現在現行モデルの3代目( JK )にモデルチェンジしたのは2007年でした。

JKラングラーが大型化、4ドアモデル追加(マジか!)などの SUV路線に走っちゃったこともあってか、ジープのジープたるジープ然(なんだそりゃ)を求める需要層によって中古車市場では今もって TJラングラーの人気が高いようですなぁ。

これ、買取を希望してる人にとっては良い傾向だね、きっと。

さて、TJラングラーのグレード設定は、基本的にはソフトトップのスポーツとハードトップの上位グレード・サハラの2種ですか。

つっても、グレード設定にはものすごく錯誤したようで、しっかり固まったのは2000年モデルからだったようですな。

スポーツはハーフドアとフルフレームドアが選べて、さらにオートマと MT の選択も可能...あ、だけど価格設定はほぼ同じだったんですね。

しかも、上位グレードのサハラともそんなに差がないんだ。

あー、これで納得。

いやね、買取価格の相場にグレードの違いによるものが全くみられなかったんですよ。

ま、もちろんこれだけ古いモデルですから、グレードどうこうってよりは程度の良し悪し(特にこんなクルマ←褒めてますよ..なら当然)に査定のポイントがシフトしてるのはクルマ買取界の一般的な傾向にも沿ってはいるんですけど。

そうか、元々同じくらいの価格設定だったんならボディタイプは好み次第だもんな。

つまり、中古車としての需要も全てのタイプにおいて同じくらいあるって見て良いってことですね(飛びぬけて人気のありそうなグレードがないってこと)。

で、ちょっと発見したのは、ド初期(つまり錯誤中)にだけ設定があったサハラのソフトトップ。

これね、ちょっとだけプレミアがついてるようスよ。

ま、とうぜん台数自体も少ないんだろうから、ここ見てる人のなかに屋根なしサハラの買取を希望してる人がどれだけいるのか?ってゆう疑問はあるけども。

ま、そんなレア車は置いといて、TJラングラーの買取相場の傾向としてひとつ言えるのは、程度の良し悪し(ってゆう重要な問題)を無視するならば、ボディタイプに関係なくほぼ固まった価格帯で纏まってるってこと。

いやいやいや...無視できないス、重要っス。

はい、要するにクロカン4駆ってゆうカテゴリーのクルマである以上は、程度の良し悪しってのは、無視できないとても重要な査定ポイントになるわけですな。

ジープ乗りらしく林道だー、オフロードだー、ヒャッホーウ!
...だなんて乗り方をしてた人にはちょっとゾッとする情報でしたねぇ。

でも、いいんです。

ジープの乗り方としてはそれが正解。

それを、ちゃーんと判ってくれてる自動車買取業者ならば、それなりにちゃんとした査定をしてくれますから。

あ、もちろんラングラーにあるまじ...いや、大事に乗ってこられた人はさらに安心なんですけどね(ピッカピカのラングラーも街で良く見るしなぁ)。

で、そのちゃーんと判ってくれてる買取業者を上手く探すためのツールってのが、複数の業者に一斉に査定を依頼することが出来る一括査定サービスってやつ。

あ、複数の...ってところがポイントね。

複数の自動車買取業者に査定を依頼するってことは、とうぜんクルマ買取の正攻法とも言える相見積りをとるってことになるわけですから、これだけで少しでも高く買ってくれる業者を見つけられることになるわけ。

ズバットの一括査定サービスには、クロカン4駆に特化して買取を強化してるようなオフ車の専門店ってのが多く参加してますから、そんな業者ばっかりを選び出して依頼しちゃえばいいって寸法。

査定するみんながみんなラングラーの買取を強化していて、しかも一括査定サービス経由できた査定依頼ってことで相見積りになることを前提に価格をつけるってんだから...ねぇ?

ワンランク高いレベルの相見積りに期待出来ちゃうよね。