ボイジャーとかグランドボイジャーとか関係ありません

【前半】 ボイジャー買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

えー..このページで買取相場の傾向とやらを検証して、ま、何とか少しでも高く売れちゃう方法とかないもんかいな?..なんてなことを書いていくのは、米国はクライスラー社のボイジャーさんでございます。

えーと、短いのがボイジャーで、長いのがグランドボイジャーってんだったっけ?

ほぅ、2008年からの現行モデル(ちなみに今このコラムを書いてるのは2013年です)には、長いのしかラインナップされてないんだね。

ふーん。

ってなわけで、ボイジャーのことホントはよく知らないだろうお前..ってばれちゃった筆者が、高額買取のコツみたいなことを、まぁ何とかかんとか書いてみるぜベイベってゆうページの始まりです【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 ボイジャーとかグランドボイジャーとか関係ありません


...^^:

えー、衝撃の告白で前半を終えましたが...ボイジャー/グランドボイジャーの買取を希望してる皆さん...ついてきてますかー?

大丈夫ですぜ、ちゃーんと調べて書いてますから。

さて、ちなみにこのページでは2001年に日本の市場に導入されたモデル以降のボイジャー/グランドボイジャーの買取価格について査定の傾向とかを検証していきます。

日本にはその先代モデルから入ってきてるようですけど、さすがにそんなに古いボイジャーを売りたいなんて人がそうそうココ見てるとは思えないんで...

え?あなたのボイジャーそれなの?マジ?

まぁ、そんな人は買取価格にだって大した期待はしてないんでしょうけど..えーと、まぁその通りなんだけど。

ま、ただね、少しでも高く売るためのコツなんてのは年式が古かろうが新しかろうが一緒ですから最後までお付き合いのほどを。

さて、じゃ話しを2001年以降のボイジャーに戻しますね。

えー...無知っぷりはとうに晒しちゃってるんで、堂々とウィキペディアでも見ーちゃおうっと。

...^^;

あ、なーんだ、世界的なミニバンブームのはしりとも言われるダッジ・キャラバンのクライスラー版なんだコレ。

日本でキャラバンって車名を使えなかった(日産にあるもんね)から親会社のクライスラーブランドにしたってことか...ダッジ・ボイジャーじゃだめだったのかな。

ま、どうでもいいか。

えーと? 2001年からのモデルは4代目にあたるようですな。

日本に導入されたのは、ボイジャーに普通のと上級グレードの2つ、グランドボイジャーに至ってはモノグレードってゆうグレード展開だったようですな。

しかもこの4代目は2008年までだから...えーと、うん話しは早いなこりゃ。

まず、買取相場の傾向として間違いなく言えるのは、年式とかグレード格差とか長いか短いか(ボイジャーかグランドボイジャーかってことですね)とかは全く関係ありません。

なんでか?

そりゃそうでしょう..要はちょっと装備が良いとか何年か新しいとかそんなことよりも、なるべく程度がいい車体のほうが高く買取って貰えるってことですよ。

古いモデルだから仕方ないよねこれは。

ちなみに2008年以降の5代目...ここからはグランドボイジャーのみですね...の買取相場には流石に年式とか関係あるんじゃん?とか思ったんだけど...コレわずか2年半で(2011年ですね)日本市場から撤退しちゃってるんだね。

そんな期間じゃ年式差って言わないよなやっぱ...モノグレードなのは相変わらずだし。

ってなわけで、ボイジャー/グランドボイジャーの買取相場は傾向もなにも程度の良し悪し次第だってことが判明しました。

じゃどうする? どうすりゃ高く売れる? 程度そんなに良いとは言えないぞオレのボイジャー...
そうなの? そりゃ困ったね。

なーんちゃって。

そこを、上手くこう..ああしたりこうしたりして、相場と言われてる買取価格帯の中でもなるべく上限寄りの査定額をゲットしちゃおうぜ...ってのを書くのが私の仕事ですから。

ま、ああしたりとかこうしたりとかしちゃいまっせ。

まずね、「相見積り」これは絶対に必要です。

すなわち、なるべく多くの自動車買取業者に、お前んトコだけに依頼してんじゃないんだぞ、相見積りなんだぞ..つって査定を依頼しちゃうわけ。

こうやって煽ってやれば、査定する側も頑張っちゃってちょっとばかり上乗せがあったりなんかしちゃったりなんかしてー...なんて期待できるでしょ?

ところがですね...「いや、だったらウチは引かせて頂きますわ」なんて言われちゃう可能性もないとは言えないじゃない。

例えばさ、依頼した買取業者が実は軽自動車だけに力を入れてる店だったー..なんて。

そこでだ。

輸入車専門店だとかミニバン専門店だとかっていった、ボイジャーの買取査定が有利に進みそうな業者がたくさん参加してる、ズバットの一括査定サービスとかを上手く利用するわけですよ。

これなら、引かないどころかどこも積極的だろうし、そもそも一括査定サービスってのは相見積りを簡単に実行できるってのがウリなんだから、ま、一石二鳥ってわけだ。