キャデラックCTS..初代モデルでは1にも2にも程度次第

【前半】 CTS買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

私らオッサン世代が思うキャデラックつーたらアンタ...バカでっかくて厳つい、ま、いわゆるアメ車の高級セダンですがな。

それがさ、このページで買取のお話しをする CTS を代表とする近年のキャデラック車ってのは、コンパクトでシュッとしたスタイリッシュなスポーツセダンですわな。

ま、あからさまにヨーロッパ市場対策なんですけども、それなりにコンパクトになったのが功を奏したんでしょうね、日本の市場でも割と評価が高いみたいですよね。

あ、だから買ったんですよね...あ、でももう売りたいんでしたっけね^^;

先に言っちゃうと、キャデラック CTS の買取相場って結構ややこしいものになってますぜ。【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 キャデラックCTS..初代モデルでは1にも2にも程度次第


えー、キャデラック...ん?キャディラックだっけ?...ま、いいや、キャデラックの車名も流行りなのか何なのか最近はアルファベット並べやがって訳判んないんだよな。

...ったくもう(自分の脳みそが着いて行けてないだけじゃないかとかは思わない主義です)。

えーと CTS ってのにはカテラってゆう日本未導入だった先代モデルがあって、CTS はカテラ・ツーリング・セダンの略なんだそうですわ...ふーん。

ま、買取相場にはなーんにも関係のないことなので流しますけど。

...最初から書かなきゃいいのに(とかも思わない主義です)。

ま、前半にも書いた通り、ウチのクルマはでかすぎて売れないのに、ちょっと小さいヨーロッパのアレとかコレばっかり売れやがって..キィィー!

...ってなったキャデラックさんが結局は長きに巻かれて開発したシリーズの後継モデルが CTS なわけですけども、そのちょっと小さくなったってのが日本の道路事情にもマッチして2003年の日本初上陸と相成ったってわけ。

今このコラムを書いてるのが2013年の3月ですから、ひと昔前ってことになりますな。

この初代 CTS さんの販売期間は2007年いっぱいまでで、翌2008年1月には現行モデルの2代目さんにモデルチェンジされてますね。

つまり初代 CTS は最終年式車でも0.5昔前(そんな言葉はない)ってことになりますからして、あなたが売りたいってゆう愛車の CTS が、その初代モデルであるならば...ま、買取価格に大きな期待を持っちゃダメですぜ...ってことは言えましょうなぁ。

あとね、このくらい古いモデルともなると、程度の良し悪し" だけ "がモノを言っちゃったりするので、年式の差だのグレードの格差なんてのは買取価格にはあまり影響しないんだよね。

1にも、2にも、程度次第ってことに..ま、なりますわな。

さて、2008年からの2代目 CTS のほうの買取相場の傾向はどんな感じなんでしょうか。

これはね、流石に近年のモデルだけあって、年式の差、グレードの上/下位、程度の良し悪し..と、全ての条件が査定ポイントに大きく影響するようですな。

ま、そりゃそうか。

それと、2010年から追加されたCTSクーペとCTSスポーツワゴンは、買取価格にも期待出来そう...って、あんた、そりゃそうでしょうがな。

つーか、まだ買取を希望してるなんて人はそういないんでしょうけどね。

サイクル的にそろそろモデルチェンジかな?なんて心配(次期モデルの登場によって現行モデルの買取価格が目に見えて下落しますからね)があったんですけど...あ、昨年(2012年)マイナーチェンジしてるんだ。

じゃ、まだ心配しなくてもいいのかな。

まぁ、アレだ...比較的新しいモデルである2代目については、今んとこ傾向もなにもないですかね。

ともかくね、初代 CTS にしても2代目 CTS にしても、クルマ買取でウハってしちゃうためには、ちょいとばかり売り方に工夫は必要ですぜ。

自動車買取業者には、例えばガリバー(知ってるよね)みたいに、どんな車種でも高く買取りますよ...って謳ってるタイプの業者と、ある特定のカテゴリーのクルマを専門的に扱ってるような専門店型のタイプの業者と、大きく2つのタイプがあるんですな。

CTS を高く買取ってくれるのは、さてどっち?

..ってぇえと、最終年式でもすでに0.5昔前(←このフレーズちょっと気に入ってる)の初代モデルならば間違いなく専門店型ですね。

高級輸入車専門店とかアメ車ラブな業者とかが狙い目でしょう。

ズバットの一括査定サービスには、そういった専門店型の買取業者が多く参加してますので、CTS の買取査定に自信を持ってそうな業者をいろいろ探してみるといいですぜ。

一括査定サービスを利用することで簡単に相見積りを誘うことにもなるし、相見積りをするのがみんな CTS の査定に自信のある業者なんだから、もう一挙両得、一石二鳥、二兎を追ったら二兎とも獲れた...なんだそりゃ。

...^^; ま、そゆこと。

2代目の場合はね、うーん...ガリバーみたいな大型店を相見積りバトルに混ぜてみるのもいいかも(ズバットの一括査定サービスならこの手の業者も多いです)。

高年式の人気高級外車だから、ひょっとしたらアリかも?..なんてな。