アルファMiToは普通のハッチなのか?ホットハッチなのか?

【前半】 アルファMiTo買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

ええーい、控え控え控えーい..この印籠が目に入らぬかっ!

でおなじみのミト...

え...えーと、買取価格の相場ですよね、アルファロメオMiTo の。

判ってますがな。冗談ですがな。

...^^;

ちなみに、" ミ "ラノでデザインされて、" ト "リノで生産されるからミトだそうです。

あ、だから M と T が大文字なのか。

もうひとつちなみに、茨城県の某県庁所在地にはアルファロメオの正規ディーラーは無いんだって..うーん残念(なにがだ)。【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 アルファMiToは普通のハッチなのか?ホットハッチなのか?


さて、アルファMiToってぇと、ここ数年ことごとく生産を終了していってるアルファロメオの車種の中では、現行で生き残ってる2車種のうちの1台となりますな(もうひとつは3代目ジュリエッタね)。

そんな小粋な3ドアハッチバックの買取価格の相場についてってことで、とりあえず中古車市場ではどんな風に流通してるのん? ってあたりから見てみましょうか。

あ、中古車市場をみると、アルファMiTo はどんなグレードが高く売ってるのかな?みたいな価格帯の傾向なんかが何となーく判るじゃないですか。

これって、まんま買取相場の傾向とイコールだって考えられますからね。

※ちょっと念の為:当然ですけどイコールなのは傾向がであって価格がじゃないからね。

えーと...アルファMiTo って日本の市場に導入されたのが2009年でしたよね。

うん、この手の車種の割に少ないな..とか一瞬思ったけど、だったら流通台数としては普通かな。

で、気になる買取相場の傾向ですけど、まぁ何てのかな...とっても普通。

...^^;

そりゃ発売からあまり年数も経ってないし(ちなみに今この記事を書いてるのは2013年の2月です)、現行モデルでもあるし当然ちゃ当然なんでしょうけどね。

つまり、登録年式に応じて、新車価格(グレード格差ってことですね)に応じて、で、そこに程度の良し悪しを考慮した買取査定額になりそうだ...と。

MiTo の場合、最上級グレードのクアドリフォリオヴェルデ(タイプしづらーい!もう2度と打たんぞ^^;)には買取市場では割と敬遠されがちな MT の設定しかない( MT車は中古車市場では人気が低くて再販しづらいからね)んですけど、そこはホレ、やっぱアルファロメオってゆうスポーチーなブランドイメージでカヴァー出来てるってことなんでしょうな。

うはー、カタカナばっかりの段落だったな。

あ、だから、6速AT (って言ってもいわゆる2ペダルMTだけど)のコンペティツィオーネ(あーもう2度と^^;)とかスプリントとかは、新車価格比からするとクアドリほにゃほにゃよりも買取価格の傾向としては高いって言っていいみたい。

うん、傾向ってからにはこうゆう情報を書かなきゃね。

ま、それでもクアドリごしょごしょの買取相場は、他車種の MT車と比べて優秀と言えるでしょう(そこがアルファのアルファたるところなのかな)。

さて、今、アルファMiTo を高く売るためのヒントをサラっと書いたんですけど...判りました?

3ドアハッチ、最上級グレードは MT しかない、つか AT にしたってスポーツ走行もバリバリ楽しめる2ペダルMT(デュアルクラッチ何とかかんとかってやつですね)だ...つまりアルファMiTo って全部のグレードがいわゆるホットハッチって感じのクルマなんだよね(ホットハッチ好きの筆者主観も多分に入ってますけど)。

いやーアルファロメオだねぇ。

えー...自動車買取業者には、どんな車種でも買取りまっせ的なタイプの..ま、いわゆる普通の買取業者と、いやいやウチはコレコレこういった車種に特化して買取を強化してますぜ..みたいな専門店って呼ばれる業者がありまして。

アルファMiTo の買取で少しでも儲けようって思うなら、輸入車に特化した専門店だとか、ホットハッチみたいなスポーチーなクルマに特化した専門店だとかを狙うべきなんですね。

で、そんな専門店型の業者が多く参加してるズバットの一括査定サービスを利用すれば、クルマ買取の常套手段ともいえる相見積りを取るってゆう方法(これこそ一括査定サービスのキモです)を、アルファMiTo を高く買いそうな業者だけを対象に実行できちゃうってわけ。

ま、普通ならここでね、だからアルファMiTo を高く売るにはそういった専門店を攻めちゃえばいいんだよ...的なことを書いて終わるところなんですけどね。

このクルマの場合は、ちと状況が違うの。

まず、新しいモデルだってことがあるでしょ、それといくらスポーツ向けの AT だからって大衆的なハッチバックとしての需要もまぁありそうじゃない。

この点に喰いついてきそうなのが、買取業界最大手のガリバーをはじめとする大型店なんですね。

売れ筋(大手はたいがい中古車屋も兼業してますからね)を放っておくわけないもんね。

幸いズバットの一括査定サービスにはそういった大型店も多く参加してますから、査定を依頼する業者の中に入れておくと、ひょっとしたらひょっとするかもね。