アルファGTの買取価格帯はハイグレードもロアグレードも変わらない

【前半】 アルファGT買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

今回このページで買取価格の系統なんぞを探っていくのは、なーんともいかしたスポーツクーペ、アルファGTでございますよ。

いやー、ジュリアとかアルファ2000とかを知る往年(ま、つまり筆者みたいなオッサンのことですな)のアルフェスタには垂涎のモデルなんじゃないんでしょうか。

え?あぁ..だから買ったんだ、と。

でも、もう売りたいんだ、と。

だから今さら褒めても仕方ないんだぞ、と。

あはは..了解了解、だよねー、うん売っちゃえ!売っちゃえ!そんなクルマ。

...だからってそんなに貶す必要も全くないんだぞ、と^^; 【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 アルファGTの買取価格帯はハイグレードもロアグレードも変わらない


ってなわけで改めまして、アルファGT...あ、正式にはアルファロメオの GT ってゆう車種ですね...の買取価格の相場や今如何に!?

なーんてなことを書いていくことになりました筆者でしたが、えー..ぶっちゃけますと往年のジュリアとかアルファ2000は割と良く知ってるんですけど(オッサンで旧車マニアだったりするので)、特にアルフェスタ(コアーなアルファロメオファンのことですな)ってわけじゃない私ですので、ここらでちょいとアルファGT についておさらい(買取相場を調べるヒントになるかもしれないしね)。

えーと、アルファGT が日本の市場に導入されたのが今(2013年)から9年くらい前の2004年だそうです...うん、今どきの若者からみたら充分に旧車なんじゃないのか?って気もするけど、残念ながら自動車買取業界的には単に古いモデルってことになりますな。

つまり、買取価格の相場も残念ながらイマイチってことには...まぁなりますな。

ま、って言ってもそれは初期の年式のアルファGT は、ってことだけどね。

ってのは、モデルサイクルの長い欧州車の常でアルファGT もご多分に漏れず割と近年まで販売してましたから。

本国イッターリアでの生産が終了したのが2010年なんですけど、その後も日本市場では在庫車あるからそれなら売っちゃうよってなスタイルで販売を継続してまして。

え?今?えーと...わっかんない(ローラか)

えーと、これ絶版車ってことでいいのかな?

いいかそれで...^^;

だって、買取の相場を知りたいなんて言ってる人のアルファGTって、まさかそんなに最近の年式車じゃないんでしょ?

いや、実は中古車市場(買取相場を知る目安になりますから中古車市場での状況は必ずチェックしましょう)では2006年式車をピークに「あれ?2006年で絶版だったっけ?」ってなくらいにそれ以降の年式車の流通台数が激減してるんですな。

今2013年ですから、普通(一般的な傾向)なら07~09年くらいのモデルが一番ブイブイいわせてるはずなのに。

つまり、今この駄文を読んでるあなたの愛車も2006年より前のアルファGT なんでしょ?どうせ...って思った次第。

あ、そんなわけなので、年式がわりと珍し...いや新しいアルファGT ならば買取価格にもそれなりの期待をしていいんじゃないかと。

あ、そうそう、上級グレードのV6・3.2L車を売りたいって人にはちょいと酷な情報ですけど、ぶっちゃけグレード格差って買取価格にあまり影響しないんだよね。

ま、中古車市場で再販しにくい...つまり3リッターオーバーの排気量(税金高い)と左ハン&MTのみって設定がネックってことなんでしょうね。

とは言え、こういった趣味嗜好性を押し出したクーペとかってクルマには一定のユーザー層ってのがいますから(つうか、あなたがそうか)、2.0L車と比べてさらに相場が低いってわけじゃないですよ。

相場帯が同レベルになっちゃったってだけで(ま、それでもショックですか?)。

さて、となるとアルファGT の買取価格を左右する条件(査定の評価が高い条件)ってのは果してあるんでしょうか...ってぇと、キレイ、あんま乗ってない、ちゃんと点検出してた、ってゆういわゆる程度が良いってのがそれ。

ま、アルファGT に限った条件じゃないけれど。

えー!、オレすっげー乗っちゃってるんだけどー(アルファ乗りの正しい姿だとは思うけど)...って人は多いよね。

ここはね、ひとつ、じゃせめて少しでも高く売れちゃう方法ってないのー?って考えましょうよ。

つか、あるから。

まず大事なのは、なるべく多くの自動車買取業者に査定させること。

これ絶対ね...だって、一番高値を付けた業者に売るだけで差額分は得できるんだから。

で、それには一括査定サービスを利用するといいよ...って話し。

なんでか?ってぇと、まぁそもそも一括査定サービスってのが簡単に複数の業者に査定を依頼できるってのがウリなんだけど、その他に...

特にズバットの一括査定サービスなんかがそうなんだけど、例えば輸入車の買取に長けてるとか、スポーツカーをメインに扱ってますだとか、ってゆうアルファGT を査定に出すならココ!みたいな業者が多く参加してるからなんですね。

同じ相見積りを取るならそんな買取業者だけで競わせたほうがさ...

そりゃいいよね...って。