程度がコレコレこうこうな159スポーツワゴンって認識でいたほうが

【前半】 159スポーツワゴン買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

さっすが「スポーツ」って名乗るだけあって、アルファロメオの159スポーツワゴンってのは、こう、なんだ?クーペ張りにシュッとしてて格好がええのう。

えーと...いまさら褒めてもダメ? 早く買取価格の相場を教えろ? マンマミーア!やっぱ売っちゃう気なのね。

へぇへぇ..判りましたよ、じゃ早速その買取相場とやらを探ってみましょうか。

相場の傾向を知るのに手っ取り早いのはやっぱ中古車市場でのアルファ159スポーツワゴンの流通っぷりを見てみるのが一番でしょう。

ってなわけで、私もちょーっと覗いてみてみましたよ。

そしたらやっぱり、みんなでお遊戯してました。

...なんの話しか^^; 【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 程度がコレコレこうこうな159スポーツワゴンって認識でいたほうが


えー、くっだらない(しかも意味すらない)締め方で前半を終えましたけど、159スポーツワゴンの買取価格を知りたいってあなた! ちゃんとついてきてますかー?

大丈夫ですよー、こっからちゃんとやりますよー...^^;

さて、それにしてもアレだね、あれだけ先代の 156 で話題かっさらっといて、いろんな国のいろんな車種に追従させといて、159 からはあっさりリヤのドアハンドルを普通の位置にしてたんだね(知らなかった)。

やっぱ、初めての人が後ろに乗るときに戸惑うじゃないかとか言われたんでしょうかね(追従した国産の某別車種だったけど開け方判りませんでしたよ私も)。

おっと、またしても買取価格とはなーんも関係ない話題でしたな。

ホントに大丈夫かな^^;

イカン、イカン、真面目に...

えー、アルファ159スポーツワゴンが日本の市場に導入されたのが2007年、今(この駄文...いや記事を書いてるの)が2013年ですから、割と新しいモデルと言えますね。

欧州車のモデルサイクルからすると、おや?じゃあそろそろモデルチェンジの時期かしらん?..って感じなんですけど、あらま2011年で既に生産が終了しちゃてましたか。

しかも後継車は存在しないってことなので、なんと絶版車!

ま、それが買取価格に影響するのか?ってぇと、実はあんまり..ってゆうかほぼ..ってゆうか全く関係しません。

導入されたグレードは、ザクっと言うと FF の2.2L車と 4WD の3.2L車。

それぞれに幾つかのグレード設定はあるけど、ぶっちゃけ買取相場にグレード格差があんまり関係しないクルマなので「俺が売りたいのは159スポーツワゴンの○○グレードだ」とか思ってても...無駄でっせ。

ま、買取を希望してるのが上級グレードだって人にはちょいと酷な傾向ではありますけどね、中古車市場(そういえば、ちょーっと覗いたままだった)での状況をみると一目瞭然なんだよね。

販売期間が割と短いから年式面からくる買取相場の差ってのも小さいみたいだし...ってなると、じゃ何が査定で重要なのよ?

ってぇと、ズバリ程度の良し悪しに限るって感じなわけ。

だから「俺が売りたいのは程度がコレコレこうこうな159スポーツワゴンだ」ってのが正確な表現ってことになりますな。

それが証拠に、中古車市場では年式・グレードに係わらずピンからキリまで販売価格帯(=買取価格帯と思ってオッケーです)に開きがあるある。

えー? 俺の159スポーツワゴンってぶっちゃけあんまり程度に触れてほしくないんだけどーってゆうアナタ...気落ちしてる場合じゃないスよ。

それなりならそれなりに少しでも高く売れる方法はないのか?..つってこのページを見てるんでしょ?

へっへっへ...ダンナ! ありやすぜ、いいのが。

っていってもアレだ、程度を戻す方法とか上手く誤魔化す方法とか査定士の目を欺く方法とかを..ってことじゃなくて(そんな危ない発想を書くわけにはいきません)。

あ、欺くわけじゃないけど洗車とか室内清掃ってのは基本ですからちゃんとしてね。

えーと、損をしない売り方ってのがあるわけですよ。

例えば、ありきたりな技だけど複数の買取業者から「相見積りを取る」なんてのがあるでしょ。

これって、一番安い査定額だった業者と一番高かった業者との査定額の差額は得したことになるんだから、ま、絶対にするべきだよね。

一括査定サービスを利用すれば簡単な手続きで複数の自動車買取業者に査定を依頼できるから、まぁ問題ないよね。

で、実はここから。

自動車買取業者には、えーとそうだな、アルファ159スポーツワゴンで言うなら輸入車オンリーで商いしてますだとか、ステーションワゴンいらっしゃーいみたいな、いわゆる専門店って呼ばれるタイプの業者がありまして。

単に査定基準表(ってのがあります)を元に一通りの査定しかしない一般的な買取業者よりも、輸入車だから、ステーションワゴンだから、つかアルファ159スポーツワゴンだから...って目線で査定してくれる専門店タイプの業者のほうが評価が高いのは当然。

専門店が多く参加してるズバットの一括査定サービスなら、そんなタイプの業者だけから相見積りを取ることが出来るから、えーと、あれだ..一石二鳥?違うか二兎を追...ま、なんでもいいや、とにかく得ってことだ。