グランデプントにせよプントエヴォにせよABARTHブランドは強し

【前半】 アバルトプント買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

イタリアを代表するチューンメーカーっていや、サソリのエンブレムでおなじみのアバルト。

このページで買取価格の相場の傾向を書いていくプント(とかグランデプントとかプントエヴォ)は、フィアット傘下に入って消滅してたアバルトブランドが2007年に復活して最初に手掛けたマシーンですな。

いやー、ABARTHの全盛期(第2次なのかな)を知るオッサン世代的にはサソリのエンブレム復活はちょっと嬉しいもんだね。

おっと、それはまぁいいとして、買取価格ですよね? アバルトプントの...ってゆうかアレか、今(2013年)売りたいなんつってるんだから、2012年発売のプントじゃなくてグランデプントとかプントエヴォだよね..対象は。

ま、マイチェンのたんびに名前変えてるだけだから一緒か【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 グランデプントにせよプントエヴォにせよABARTHブランドは強し


ってなわけで改めまして。

アバルトプントの生い立ちなんぞを確認しつつ買取相場のお話しと参りましょう。

ベースになってるのはフィアットブランドで言うところの3代目プントさんですね。

えー、本家の3代目プントがグランデプント→プントエヴォ(エボ?)→昨年ふりだしに戻ってまたプント..と車名を変えていったのに伴ってアバルトブランドの方も車名を変更してるんですな。

一見ややこしく感じちゃうけど、マイチェンごとに車名が違うってのは買取相場を確認するのにはかえってラクなのかもな(私が)。

さて、では早速2009年に日本の市場に導入されたグランデプントから買取相場の傾向なんてなことを検証してみましょうか。

って言ってもアレだ...なんせグランデプントを名乗ってたのはほんの1年半くらいでしたからね、買取価格に年式差は影響しないみたいだし、標準グレードとハイパフォーマンスグレード(サソリちゃんのエンブレムが貼り付いてる時点で充分ハイパフォーマンスだけどな)のエッセエッセの2グレードしかないから傾向なんつっても、ま、そのまんま..としか言えないんだけども。

つまり、いわゆる程度の良し悪しってのが同等ならばエッセエッセのほうが買取相場的には以下略(判るよね?)...ってことですね。

てなわけで、翌2010年には1回目のマイナーチェンジを迎えてプントエヴォと名乗りまする。

エヴォさんは標準グレードだけのモノグレード設定だったんですね。

で、買取相場の傾向は前期型(でいいんだよね?)のグランデさんよりかはちょいと高め。

何故なら...新しいんだから当たり前でしょ、ってことで。

さてと、一応書く?

昨年(2012年)の10月に2回目のマイチェンがありましたよね。

ここから、ただのプントって名乗るんだけど...売っちゃいたいようなんて人もういるの?

いないよねー..まだ。

ま、こんな新車に毛が生えたみたいな新しいモデルに相場の傾向もなにもありませーん。

新車価格が高かったヤツ(エッセエッセキットを付けてたりとか、そもそも標準装備のスコーピオとか)は、買取価格もそりゃ高いでしょ、ってことで。

まぁ、全体的に言えるのは、国産車に比べて値落ちが早いってゆう一般的な輸入車の傾向はサソリちゃんには通用しないぜ..ってゆう、何だか嬉しい状況。

うひひ...良かったね。

これ、アバルトブランドを背負うもう1台、500(チンクエチェント)でも同じような傾向になってるみたいだから、単純にアバルトブランドが人気あるってことなんでしょう。

ま、そんなわけなので、ここまでダラダラと書いてきて読みとれた傾向はひとつだけ。

すなわち、そこいらへんの適当な自動車買取業者に持ち込んだら、ま、大体どこも同じような査定額しか付けないよ...と。

アバルトプントは買取価格の相場帯が纏まっちゃってるんですよね、要は。

じゃ、ちょいと視点を変えて、その纏まった相場帯の中で上限付近の価格で売れちゃうような手はないもんかいな?...
ってなことを考えてみましょう。

ってゆうか、考えなくてもあるんだけど(そうゆうページです)。

複数の自動車買取業者に一斉に査定を依頼することが出来る一括査定サービスなんてのがあります。

クルマ買取の常套手段である" 相見積りを取る "ってのを一度の手続きで簡単に済ませられるわけですね。

これを上手に利用することで、ちょっとレベルの高い相見積りにすることが出来るんですな。

ズバットの一括査定サービスあたりに多いんですけど、自動車買取業者って車種問わずってスタイルの業者の他に、扱う車種を絞って商売をしてる専門店なんて呼ばれるタイプの業者があるんですわ。

その車種(カテゴリーですね)に特化してるんだから、とうぜん買取の査定額も車種問わず型の業者よりは期待できるってわけ。

アバルトプントならば、ま、とうぜん輸入車専門店が、又はチューンドカーなんだからスポーツカーとかホットハッチを得意としてる専門店が、又は...ま、いろいろ探してみて下さい...^^;

そんなこんなをひとっ通りひっくるめて、全部に査定を依頼しちゃえばいいってこと。