アウディA6は売り市場で今まさに旬

【前半】 アウディA6買取vs下取り 【相場ダウン直前】 5000円高く売るコツ

アウディA6を売りたいとな?

えーっと...3代目のA6ってことでいいのかな?あのいっこ前の型の。
最近のアウディ顔(シングルフレームグリルってヤツね)になった最初のヤツですよね。

オッケ、それで?買取価格の傾向が知りたいってわけですね。

ついでに、さすがにまだ売却なんて考えてる人は少ないだろうけど2012年10月現在で現行モデルを務める2011年8月に発売された4代目についても最後にサラっとだけ触れますよ。

さて、3代目アウディA6(C6系)が日本市場に導入されていたのは2004年7月~2011年8月までのおよそ7年間。【コラム後半へ続く】


  





【コラム後半】 アウディA6は売り市場で今まさに旬

ちなみに A6 は、近代アウディの礎を築いたと言ってもいい大ヒット作・アウディ100をルーツに持つ割と歴史のあるモデルでして、C6系の"6"ってのも100 の初代から数えて6代目って意味だったりします(もちろん現行の4代目はC7系っていいます)。

おっと、売っちゃいたい人にはあまり関係のない小ネタでございました。

ま、販売してた期間から何となく想像は付きますけど、3代目アウディA6くらいの年式車ってのは、今中古車市場で最も旬なお年頃なんですな。

もちろん3代目アウディA6もその例に漏れず、A6セダン/A6アバント共に市場に流通する全体のおよそ7割を3代目が占めてるような状況になってるみたいですね。

つまりコレ、買取市場も活発になってるってことですから、高く買取って貰えるチャンスかも?ってことですぜ。

やったね。

それじゃーちょっと中古車市場を詳しくみてみましょうか。

ふむふむ...どうやらグレードの上下位による(市場)価格差はあまりないようですね。

つまり、飛び抜けた人気グレード(つまり売れ筋)ってのがなくて、どれも平均して売れたってことなんでしょう。

ってことは、買取査定でもどっちかというとグレードの上下位よりも程度の良し悪しや年式の高低のほうが価格に影響しそうな傾向にあるとみていいってこと。

とはいえ、買取査定に影響するはっきりした条件をもつアウディA6ってのもあります。

ま、判ってるとは思うけど、何と言ってもFFよりは断然4WD。
ま、そりゃそうだよね、アウディっていったらやっぱクワトロだもんなー。

これね、まさにアウディ車ならではの傾向でして、同じクラスの他メーカー車(ベンツのEとかベンべの5とかですね)の場合だと4WDってむしろ評価を下げかねない要素なんですけどね(ステーションワゴンならそうでもないけど)。

他には、Sラインパッケージってゆうスポーティ仕様や定番人気色の白/黒とかは評価が高いみたいよ。

そっかー...マジかー...ほぼ買取価格は決まってるってことかー、じゃもう特別に成す術はないってこと?

や、目を潤ませながら両手を胸の前で組んで査定中の査定士さんをジッと見つめ続けるって手はありますけどね、あなたが見目麗しい女性ならだけど。

あ、ヤロウですか?

えーと...念でも送ってみる?

...^^;

も、もちろんそれも有効かもしれないけど(ヲイ)、その前にもうちょっと現実的な作戦をひとつ紹介しましょう。

一度登録をするだけで、複数の自動車買取業者に一斉に査定の依頼をすることが出来る一括査定サービスってゆうシステムがあります。

つまり、ちょっとでも高く買取って貰うために相見積もりをとるって寸法ですな。

これなら買取査定バトルが起こりますから、査定額も吊り上るってわけ。

ズバットの一括査定なら、アウディA6に高い評価を付けそうな輸入車専門店なんかが多く参加してますから、期待も膨らむってなもんですよ。

さてと...じゃ、最初のほうで宣言しちゃったんで4代目アウディA6(C7系)の買取市場情報にもちょいと触れておきましょう。

ってゆうかさ、マジで売りたいなんて人まだ居ないっしょー?

アバントなんて2月だよ、今年(2012年)の、発売が(意味もなく倒置法)。
と思って、念のため中古車市場を覗いてみましたが...うん、やっぱまだ少ないねー。

で、傾向も顕著だねー...ってそりゃそうだろう、新車だよまだコレ。

日本に導入されてる2つのグレードのうち、新車価格が高い3.0Lの方がどうやら買取価格も高いみたいです...って、何を当たり前のこと書いて行を埋めてるんだオレは。

そりゃそうだろう、新車だよまだコレ(2回目)。

...^^;

そうだ、ここはひとつ買取査定バトルにガリバーとかの大手を混ぜちゃうってのはどお?
ほら、ああゆう有名な大手って「どこよりも高く!」とか謳ってるでしょう。

現役バリバリの4代目アウディA6が対象なら、大手の意地なんかを見せてくれたりなんかしちゃたりなんか...しないかな?

そしたらラッキーじゃん。

も、もちろん目を潤ませながら両手を(以下略)も割とアリかもよ(えーと..念も^^;)。